東儀正人

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

東儀正人のタグ

東儀正人のタグが付いた記事

Our Kids International Pre-School & Kindergartenで問題発覚、東儀正人代表は自己破産する予定で返金できない 

「国際資格の小学校」児童募るも… 認可なし、閉鎖状態  埼玉県川越市の民間幼児教育施設が、国際認定資格を取得できる小学校を今春併設するなどとうたって未就学児を募集しながら、今月から閉鎖状態になっていることがわかった。実際には小学校設置の認可などは得ておらず、入学金や学費を払った保護者らは近く、県警に詐欺容疑で被害届を出すという。 http://www.asahi.com/articles/ASK2S51M6K2SUTNB016.html
埼玉県の川越市に有る民間の幼児教育施設Our Kids International Pre-School & Kindergartenで問題が発覚しています。 Our Kids International Pre-School & Kindergartenでは、日本人向けインターナショナルスクールの小学校開設、国際的な大学入学資格につながるACSIのディプロマ(資格)を取得できる、海外の大学入学資格が得られる教育プログラムの国際バカロレアより優れたプログラムと宣伝し、約30人の未就学児が通っていた。 しかし、実際には日本人向けインターナショナルスクールの小学校は認可されておらず、国際資格を付与できる認定校でも無い事が発覚。 Our Kids International Pre-School & Kindergartenに通うにあたり、入園料約10万円、学費など年間約100万円、前述の小学校入学金を約110万円を既に払った保護者が居る事から詐欺では無いか?として保護者らが被害届を出す予定。 このOur Kids International Pre-School & Kindergartenの実質的経営者は東儀正人と言う方で、今回の詐欺報道に対して「先に小学校を開いてから私学設置の認可申請などをするつもりだった。自己破産する予定で、金は返せない」と述べており計画倒産では無いか?と批判が出ています。 日本人向けインターナショナルスクールと言うのは、コレですね。 アクティブラーニング式インターナショナルスクール小学部、来春川越に開校 http://resemom.jp/article/2016/08/18/33279.html 英語学習のスピードラーニングのエスプリラインとOur Kids Internationalは業務提携しており、2017年4月に開校すると書かれています。読んで行くと確かに前述の様な宣伝文句が並んでいるが全て「目指す」となっています。 気になるのはそれだけでは無く、オーストリアの精神科医アドラーと書かれている。フジテレビドラマの嫌われる勇気で話題のアドラー絡みとなっています。 代表の東儀正人氏のプロフィールにはアドラー心理学カウンセリング指導者と書かれており、多くの子供向け事業を行っている様です。 一般財団法人日本私学教育研究所が主催し日本私立中学高等学校連合会講演のイベントにも講師として呼ばれており、東京都の中野にはグローバル・フィールド中野と言う幼児向け英語教育施設を運営しており、その筋では結構有名な人なのでしょうかね。 ちなみに以前書いた様に日本でインターナショナルスクールとしてWASC、ECIS、ACSIの何れかに認可されている施設は少ないです。 インド系インターナショナルスクールGIISとIISJ、授業は英語でハイレベルな数学教育 グローバル、ワールドワイド、インターナショナルと言った横文字に弱い保護者達は、上記投稿でも書いている様にインターナショナルスクールは基本的に外国人家庭向けの学校ですから、間違ってはいけませんよ。 日本人向けインターナショナルスクールが日本に有るのは・・・おかしいでしょう?

>>Our Kids International Pre-School & Kindergartenで問題発覚、東儀正人代表は自己破産する予定で返金できないの続きを読む

≪前へ  次へ≫