タイムズ・ハイヤー・エデュケーション

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

タイムズ・ハイヤー・エデュケーションのタグ

タイムズ・ハイヤー・エデュケーションのタグが付いた記事

タイムズ・ハイヤー・エデュケーションがアジアとオセアニアの大学ランキングを発表 

世界大学ランキングで日本でも有名となったTHE(タイムズ・ハイヤー・エデュケーション)が、東アジア、東南アジア、オセアニアの38カ国を対象とした大学ランキングを発表しています。 THE Asia-Pacific University Rankings 2017 https://www.timeshighereducation.com/student/best-universities/best-universities-asia-pacific-region-2017
  • 1位 シンガポール国立大学(シンガポール)
  • 2位 北京大学(中国)
  • 3位 メルボルン大学(オーストラリア)
  • 4位 清華大学(中国)
  • 5位 南洋理工大学(シンガポール)
  • 6位 香港大学(香港)
  • 7位 香港科技大学(香港)
  • 8位 オーストラリア国立大学(オーストラリア)
  • 9位 東京大学(日本)
  • 10位 クイーンズランド大学(オーストラリア)
  • 11位 シドニー大学(オーストラリア)
  • 12位 モナシュ大学(オーストラリア)
  • 13位 KAIST(韓国)
  • 14位 ソウル大学校(韓国)
  • 15位 浦項工科大学校(韓国)
  • 16位 ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)
  • 17位 香港中文大学(中国)
  • 18位 香港城市大学(中国)
  • 19位 西オーストラリア大学(オーストラリア)
  • 20位 アデレード大学(オーストラリア)
アジア・オセアニア地域のみの大学ランキングはTHEでは初めてですが、アジアと中東などは少し前に発表しており、評価基準はTHE世界大学ランキングと同じなので特に意味は無さそうですね。 THE世界大学ランキング2016-2017では東京大学よりも順位が下だった幾つかの大学が上位に来ていますので、THE世界大学ランキング2017-2018では日本の大学は順位が下落しそうです。 留学生が過去最多になっていますが、こうして見ると何で日本の大学に来るんだろう?とちょっと不思議に思ってしまう部分も有りますね・・・学術・研究と言うよりも・・・

>>タイムズ・ハイヤー・エデュケーションがアジアとオセアニアの大学ランキングを発表の続きを読む

THE世界大学ランキング日本版2017が発表されました 

タイムズ・ハイヤー・エデュケーションとベネッセが日本国内の大学を独自ランキングを評価することを以前発表していましたね。 世界大学ランキングのTHEとベネッセが日本国内の大学を独自ランキングで発表します その、THE世界大学ランキング日本版2017が発表されました。

THE世界大学ランキング日本版2017

  1. 東京大学
  2. 東北大学
  3. 京都大学
  4. 名古屋大学
  5. 東京工業大学
  6. 大阪大学
  7. 九州大学
  8. 北海道大学
  9. 筑波大学
  10. 早稲田大学
http://between.shinken-ad.co.jp/univ/2017/03/THE-japan.html 1位は東京大学なのですが、2位が何と東北大学となっており、京都大学は3位になっています。 THEのみの世界大学ランキングでは京都大学が完全に上位なのですが、日本版となると評価が逆転しています。 評価を見て行くと・・・???あれ?京都大学の方が評価高い・・・もう少しみると国際性スコアで結構な差がついており、この国際性スコアが低いだけで後は京都大学の方が評価が高くなっています。 国際性スコアの評価指標を見てみると、外国人学生比率と外国人教員比率を指標にしており、京都大学は外国人が少ない様です。ただそれだけ。 ちなみにグルーバル人材育成重視の評価は東大・東北大学・京大の3大学は殆ど変わりません。 4位の名古屋大学と5位の東京工業大学もほぼ同率4位となっています。 9位の筑波大学まで国立大学で占められており、10位でやっとこ早稲田大学、11位に慶應義塾大学がランクイン。 しかし早稲田大学は教育リソースが極端に低く、慶應義塾大学も教育リソースと国際性が低くなっており、教育満足度と教育成果が高くなっています。 高校教員や企業人事、研究者からは評判が良いと言う事になりますね。 9位の筑波大学までは満遍なく評価が高いが10位以下は結構偏った評価になっており、9位以上は別格と考えた方が良さそうです。

>>THE世界大学ランキング日本版2017が発表されましたの続きを読む

THEが世界で最も就職に有利な大学ランキングを発表、トップ10に東京大学だが・・・ 

世界で最も就職に有利な大学、東大がトップ10入り アジアで唯一 世界の教育市場に関する調査を行う英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は11月16日、「世界で最も就職に有利な大学ランキング」を発表した。6回目となる今年、1位となったのはカリフォルニア工科大学だった。上位3校の全て、12校の大半を米国の大学が占めている。 http://forbesjapan.com/articles/detail/14282
世界大学ランキングで有名なタイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)が、世界で最も就職に有利な大学ランキングを発表していました。 世界で最も就職に有利な大学ランキングの上位12校は以下の通りとなっています。 世界で最も就職に有利な大学ランキング 1位 カリフォルニア工科大学(米国) 2位 マサチューセッツ工科大学(米国) 3位 ハーバード大学(米国) 4位 ケンブリッジ大学(英国) 5位 スタンフォード大学(米国) 6位 エール大学(米国) 7位 オックスフォード大学(英国) 8位 ミュンヘン工科大学(独) 9位 プリンストン大学(米国) 10位 東京大学(日本) 11位 ボストン大学(米国) 12位 コロンビア大学(米国) 世界大学ランキングでは低迷している東京大学が、欧米大学で占められているトップ10にランクイン。東京工業大学も20位と検討しています。 東京大学といえば女子学生比率が低いので、月額3万円の家賃補助制度が話題となっていますよね。 東京大学が女子学生を対象とした月3万円の家賃補助制度を発表 http://childup.seesaa.net/article/443980895.html 大学自体の評価は世界大学ランキングをみても高くは無い国内大学も、こと就職に有利かどうかを問われると、国内大学は世界的にみても就職に有利と言う評価になっています。 その理由は、やはり海外には無い新卒一括採用の効果でしょうね。 海外の大学では新卒一括採用など有りませんので、いくら良い大学を卒業できても就職出来るとは限らないのが特徴。まぁ、上記のランキングに登場する大学は大丈夫でしょうけど。 さて、ここで2015年の国内大学就職率ランキングを見てみましょう。 2015年の就職率が高い大学ランキング、理工系や医療福祉系などが強い http://childup.seesaa.net/article/433770357.html 東京大学は270位で就職率は71.5%となっており、世界で最も就職に有利な大学なんじゃないの?と言いたくなるほどに低い。 多分、THEは就職先に関しても調査して総合的に評価をしたのかも知れませんね。 一方の東京工業大学は就職率93.8%で12位・・・ どうやら世界的にみても、就職率を見ても就職に有利な大学ナンバー1は東京工業大学で良さそうですね。

>>THEが世界で最も就職に有利な大学ランキングを発表、トップ10に東京大学だが・・・の続きを読む

世界大学ランキングのTHEとベネッセが日本国内の大学を独自ランキングで発表します 

世界大学ランキング、日本国内の大学約800校を対象に独自作成 ベネッセコーポレーションと英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」を運営するTESグローバルは、日本国内の大学約800校を対象に、教育の指標に基づく独自ランキングを作成し、上位200校を2017年3月に発表する。研究重視の既存のTHE世界大学ランキングは、日本からの地方国立大学のエントリーが増えるなど注目は高い。新ランキングもより多くの大学が対象になるだけに話題を呼びそうだ。 https://newswitch.jp/p/6595
世界大学ランキングで有名な英国の機関タイムズ・ハイヤー・エデュケーションですが、ベネッセと共同で日本国内の大学のみを独自ランキングで発表する事になったそうです。 国内大学800校を対象に教育指標ランキングを作成し、上位200校を2017年3月30日に発表する予定となっていますので、今年の受験生ではなく来年の受験生には役立つかも知れませんね。 よく有る大学ランキングですと、上位が殆ど同じ大学となってしまっており、全く役に立たない場合が有りますので、THEがどの様な大学を評価するのかが見もの。 有名では無いが高く評価出来る大学を教えて欲しい学生は多いでしょう。

>>世界大学ランキングのTHEとベネッセが日本国内の大学を独自ランキングで発表しますの続きを読む

タイムズハイヤーエデュケーションがアジア世界大学ランキング2016を発表、クアクアレリ・シモンズでも低い評価 

世界大学ランキングで有名な英国の評価機関であるタイムズ・ハイヤー・エデュケーションが、アジアの世界大学ランキング2016を発表しました。

アジア大学ランキング2016

  1. シンガポール国立大学
  2. 南洋工科大学
  3. 北京大学
  4. 香港大学
  5. 清華大学
  6. 香港科技大学
  7. 東京大学
  8. 浦項工科大学
  9. ソウル大学
  10. 韓国科学技術院(KAIST)
この様なランキング結果となっており、東京大学が1位陥落どころか7位に転落してしまいました。 国内でランクインした大学は以下の通り。 7位 東京大学 11位 京都大学 23位 東北大学 24位 東京工業大学 30位 大阪大学 34位 名古屋大学 46位 筑波大学 48位 九州大学 49位 北海道大学 タイムズハイヤーエデュケーションと並んで有名な機関であるクアクアレリ・シモンズの地域別世界大学ランキングでも東京大学は落ちていますね。 地域別QS世界大学ランキング、アジアでは東京大学の13位が最高 http://blog.livedoor.jp/liverpop/archives/8483907.html アジアの大学レベルが上がったのか? それとも国内の大学レベルが下がったのか?

>>タイムズハイヤーエデュケーションがアジア世界大学ランキング2016を発表、クアクアレリ・シモンズでも低い評価の続きを読む

大企業のCEO輩出大学ランキング1位ハーバード大学、2位東京大学 

東大2位、慶大9位 世界企業のCEO輩出順位 国別は米中日の順  英教育専門誌、タイムズ・ハイヤー・エデュケーションは5日、世界的な大企業トップの出身者数で順位付けした高等教育機関100校のランキングを発表。日本からは東大が2位、慶応大が9位に入った。  このランキングは、毎年「世界大学ランキング」を発表している同誌による初の試み。米経済誌フォーチュンの世界企業500社番付に入っている企業の最高経営責任者(CEO)が卒業したり学位を取得したりした大学を調査し、人数別に順位付け。経営する企業の売り上げ規模などを加味した。 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130905/edc13090510130000-n1.htm
大企業のトップであるCEOを輩出した大学のランキングが発表されたそうです。 このCEO輩出数大学ランキングは、世界大学ランキングを発表しているタイムズ・ハイヤー・エデュケーションが行ったらしい。 フォーチュン世界企業500番付にランクインしている企業を対象に調査し、CEOが卒業した大学、学位を取得した大学などでランキングしたとなっています。 ■CEO輩出数大学ランキング 1位 ハーバード大学 アメリカ 学位31人 輩出数25人 2位 東京大学 日本 14人 13人 3位 スタンフォード大学 アメリカ 13人 11人 4位 エコール・ポリテクニーク フランス 12人 12人 5位 HEC経営大学院 フランス 10人 9人 6位 フランス国立行政学院 フランス 9人 9人 7位 ペンシルベニア大学 アメリカ 9人 8人 8位 マサチューセッツ工科大学 アメリカ 9人 7人 9位 慶應義塾大学 日本 8人 8人 10位 ソウル大学校 韓国 8人 8人 18位 京都大学 6人 6人 20位 早稲田大学 6人 6人 27位 中央大学 4人 4人 43位 一橋大学 3人 3人 52位 東京工業大学 3人 2人 74位 大阪大学 2人 2人 100位 法政大学 2人 2人 低価格ネット予備校が人気、リクルートの受験サプリや秀英iD、e点ネット塾など フォーチュングローバル500企業での日本企業は・・・ トヨタ、日本郵政、NTT、JXホールディングス、ホンダ、日産、日立、パナソニック、日本生命、ソニーなど全部で62社あるそうです。 世界大学ランキングでは日本の大学は微妙になっていますが、このランキングでは日本の大学は高評価ですね。 まぁ今の卒業生ではないですからね・・・

>>大企業のCEO輩出大学ランキング1位ハーバード大学、2位東京大学の続きを読む

≪前へ  次へ≫