Fランク大学

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

Fランク大学のタグ

Fランク大学のタグが付いた記事

私立大学の44.5%が定員割れ、地方や小規模大学は半数近くが経営危機に 

少子化により大学の2018年問題の事を以前にも書きました。 大学の2018年問題って何?少子化で大学が潰れる時代へ突入 先日の日本私立学校振興・共済事業団が発表したところによると、私立大学の44.5%が定員割れをしているそうで、大学の2018年問題と言うより既に始まっている様子。 私大の44%、定員割れ…大規模校に入学者集中 私大の定員割れは以前から言われており、特に地方大学や小規模大学などは半数近くが経営危機に直面しているとなっています。 2015年度に定員割れしたのは250校で全体の43.2%。 定員が50%に満たない大学は13校で全体の2.2%。 全定員に占める入学者の比率は104.4%。 1500人以上3000人未満の大学が110.9% 100人以上200人未満の大学は87.8%。 800人未満の大学は充足率が100%未満と定員割れ。 短期大学は更に悲惨となっており、定員を満たした大学は全315校の内123校、全体の39%。残り61%は定員割れしている。 地域別では東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知の8都府県の充足率が106.4%、他地域の平均は97.7%で最も低いのは四国で88.4%となっています。 大学の定員割れで私立から公立大学へ、学生募集を停止なども 以前書いた様に私立大学から公立大学へと転換する大学も有り、大学を取り巻く環境も大幅に変化していますね。 統計からも分かるとおり都市部にある大規模な大学が全て学生を持って行ってしまっているのは確かです。しかし一方ではFランク大学と呼ばれる限度を超えた低レベルの大学らしきものが有るのも事実ですよね。 2018年になっていない状況でコレですから、2018年以降の本格的に18歳以下人口が減った時には更なる淘汰となりそうです。

>>私立大学の44.5%が定員割れ、地方や小規模大学は半数近くが経営危機にの続きを読む

これが本物のFランク大学?大学講義でbe動詞や四捨五入、光合成を教える・・・ 

講義は中学レベル、入試は「同意」で合格 文科省がダメ出しした“仰天大学”とは? 文科省は今月19日、講義内容や運営方法などに不備があるとして、改善を求める大学253校を公表しました。新設された大学や学部を昨年度から調べており、対象となった502校の約半数に問題が。多くは学生の定員割れや、教職員の高齢化などでしたが、大学としての“適格性”が問われそうなものも少なくありませんでした。 http://news.livedoor.com/article/detail/9809257/
大学が潰れるかもしれないと言う2018年問題について幾つか書いていますが、文部科学省がある大学のリストを公表しました。 設置計画履行状況等調査の結果等について(平成26年度) http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/1355057.htm 何のリストかと言うと、文部科学省令に基づき調査した結果、教員組織、講義内容や運営方法などに不備がある大学の一覧253校・・・これは・・・ 殆どが教員年齢が高齢化していると言う指摘ですが、中にはどえらい大学が、そう!世に言うFランク大学だ。 大学講義なのに、内容は中学生レベルであったり、学生と大学が同意に達したら入学を許可するとか意味不明な入学基準・・・ 【受験サプリ】充実の講義動画 いやぁ、Fランク大学・・・本当に存在したのですねぇ。 これ大卒として就職活動したら酷いことになりそうですが大丈夫なのでしょうか。いや、そこで気付くならまだマシかも知れませんね。

>>これが本物のFランク大学?大学講義でbe動詞や四捨五入、光合成を教える・・・の続きを読む

大学の2018年問題って何?少子化で大学が潰れる時代へ突入 

2018年「淘汰の時代」到来か 18歳人口減少と進学率頭打ちで経営を圧迫[大学] 大学の「2018年問題」が大きな関心を集めている。今は踊り場状態にある18歳人口が、この年から再び減少して大学経営を圧迫し、「淘汰の時代」が本格化するというのだ。「私立は半減してもおかしくない」との指摘さえある。厳しい環境に置かれている大学の現状と近未来を探った。 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41985
少子化の影響は方々で有りますが、大学にも当然有る様です。 一部では2018年問題と呼ばれており、このまま少子化が進み、進学率も伸びなくなると2018年には大学入学人数が10万人減るらしい。 例として、1大学1000人が定員とすると100大学分の入学者が消えるとされており、大学が潰れる訳です。 後3年しか有りませんから、対策どうのこうのでは既に無いですね・・・何故放っといたのだろう。相変わらず新設しているし・・・ こうなると大学側の頼みの綱は、そう留学生となります。以前書いたスーパーグローバル大学も、その一環ですね。 しかしながら、現在スーパーグローバル大学は計37校ですから残りの大学は学生集めに必死です。国公立大はまだ良いが、私立は非常にマズイ状況。 スーパーグローバル大学(SGU)の対象大学一覧、世界ランキングトップ100をめざす力のある大学や社会のグローバル化を牽引する大学を支援 国から大学への補助金の支給資格は定員充足率50%以上だそうで、既に私立大学の15校は50%未満となっており、定員数自体を減らす大学も多いとか。 最近は大卒の看護師が多くなっているそうですが、これも学生集めの一つ。看護師は人手不足で給料は結構高い、国が待遇改善に動いている、と言うことも有り人気職種となっているらしい。 2015年の就職率が高い大学ランキング、理工系や医療福祉系などが強い 後は公務員を目指す専門学校も多く有り、これらも学生集めの一環でしょう。 ネットでよく見るFランク大学とか、どうするのでしょうかね。 Fラン大学に関しては以下のページをみて下さい。 Fラン大学って何?小学生レベルの問題を復習

>>大学の2018年問題って何?少子化で大学が潰れる時代へ突入の続きを読む

大学ランキング制度導入でFランク大学が現実へ、高評価は助成金も手厚くし、学生の学費負担軽減が狙い 

大学ランキング制度創設へ=学費負担軽減狙い−オバマ米大統領  【ワシントン時事】オバマ米大統領は22日、ニューヨーク州の大学で演説し、高額な学費負担を抱える学生への支援策として、授業料などを低く抑えながら質の高い教育を提供している大学をランク付けし、順位に応じて公的助成する制度の創設を発表した。  ホワイトハウスによると、4年制公立大学の授業料は過去30年で3.5倍以上高くなったのに対し、一般家庭の所得の伸びは16%にとどまる。学生はローンに頼らざるを得ず、卒業時の負債は平均で約2万6000ドル(約250万円)という。 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013082300129
良くネットでFランク大学と呼ばれる無名の大学が話題となっていますが、SABCDEランクに当てはまらない大学の事を総称してFランク大学と呼ばれ実際にある訳ではありません。 しかし、アメリカではFランク大学が現実のものとなりそうです。 先日アメリカ・オバマ大統領が演説で大学ランキング制度を2015年秋から導入を検討している事を発表しました。 この大学ランキング制度は、大学が学費に見合った教育を行っているかどうかを判定しランク分けをして、高評価の大学には公的資金である助成金を優遇する。 具体的には 1 平均的な学生が卒業時に抱えるローン額 2 ローンの返済期間 3 卒業生の就職状況 こういった評価基準を元にランキングしていくそうです。 高校生のための大学進学サポートサイト リクナビ進学 日本でも度々ニュースになりますが、学生が学費を払えないケースがアメリカでも増加しており、学生の学費負担を軽減する狙いがあるとの事です。 これは政府も財政支出を抑える事が出来ますし、学生側も負担が少なくなるので良いと思います。 大学と呼ぶには値しない学校も幾つかあり、こういった大学はもう一度大学教育の意味を考え直す良い機会ではないでしょうか。 オバマ大統領はこうも述べています。 卒業できないような大学に進む学生に政府の補助金(学生ローン)を支払うべきではない。 そう、Fランク大学だけが問題ではなく、そういった大学を選ぶ学生側にもチクリ。 奨学金の不払いなどもそうですが、大学を卒業すれば確実に大企業に就職できる時代はとっくに終わっています。 大学も学生も色々と見直す時期となっているのかも知れませんね。

>>大学ランキング制度導入でFランク大学が現実へ、高評価は助成金も手厚くし、学生の学費負担軽減が狙いの続きを読む

超有名大学の講義は無料でネット配信される時代、MITやハーバード大学などのedx(エデックス)に京都大学も参加 

わざわざ大学に入学しなくても、超有名大学の講義を受けることが出来ます、しかも無料で。 そういったシステムがedx(エデックス)と呼ばれるインターネット受講です。 このedxは数年前から話題となり、無料受講する人も増加し、参加大学もどんどん増えている現状。 国籍や年齢不問となっており、世界で約90万人の会員。 そんな中、日本の京都大学もエデックスに参加することになったそうです。 ネット予備校に関しては以下の記事を参考にして見て下さい。

低価格ネット予備校が人気、リクルートの受験サプリや秀英iD、e点ネット塾など

http://childup.seesaa.net/article/366760118.html 英語教育が進んでいますので、日本人もいずれこういったネット受講が増えるかもしれません。 むしろFランク大学と呼ばれる大学に無駄金払うよりも非常に効率が良い気がします。 しかも評価基準を満たせば、修了証を授与してくれるので、大卒以上に効力あるかも…

>>超有名大学の講義は無料でネット配信される時代、MITやハーバード大学などのedx(エデックス)に京都大学も参加の続きを読む