有害サイトフィルタリング

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

有害サイトフィルタリングのタグ

有害サイトフィルタリングのタグが付いた記事

千葉県柏市のLINE監視アプリの本格導入は見送りへ、子供が見る有害サイト1位はモチロン・・・ 

LINE監視アプリ導入見送り 実証実験参加、想定の半数弱 保護者通知に抵抗感 /千葉 インターネットのトラブルから子供たちを守るため、柏市が実施した無料通信アプリ「LINE(ライン)」などのやりとりを監視するスマートフォンアプリの実証実験の結果がまとまった。実験は中学1年生と、その保護者にアプリを無償提供して実施したが、参加者は想定の半数以下。市は、やりとりの一部が保護者に通知されることに子供側の抵抗感があったとみており、来年度からの本格導入の見送りを決めた。 http://mainichi.jp/articles/20161230/ddl/k12/010/116000c
千葉県柏市で行われていたLINE監視アプリの実証実験ですが、来年度からの本格導入は見送られる方針で有る事が決定しました。 LINEによるイジメは皆さん知る所だと思います。そのLINEのメッセージの中に攻撃的な単語が含まれていた場合に、その単語並びに送信者の名前を保護者に通知するLINE監視アプリ。 実証実験は中学生の子供を持つ家庭が対象となっていました。 LINE監視アプリはエースチャイルドが開発したフィリー。 しかし、今回のLINE監視実証実験への参加を呼びかけた所、僅か43組しか参加せず。LINEでのやり取りを親に見られる事を嫌がる子供が多いと言う事で本格導入は見送りとなりました。 結果としては高レベルの危険度は無かったものの、中レベルは29件、低レベルは2071件となっており、LINE監視アプリを入れても大丈夫と自信のある家庭でも中レベルが有るとも考えられます。 次に、LINEイジメでは無く、子供が有害な危険Webサイトを閲覧しているアクセス数をセキュリティ会社が発表しています。 日本の子供、危険サイトへのアクセス動向は? http://news.livedoor.com/article/detail/12465056/ 国別の結果としては1位 イスラエル(775回)、2位 英国(460回)、3位 米国(352回)、4位 スウェーデン(345回)、5位 カナダ(302回)で、日本は8位(228回)となっています。 有害サイトのフィルタリングなど保護者監視機能から割り出していますが、少子化で子供の数が少ない筈の日本がアクセス数で8位とは多いのか少ないのか。 しかもカテゴリ別に見ると日本が1位となっているカテゴリが有り、それがアダルトカテゴリと、ソフトウェア・音楽・映像カテゴリ・・・何か嫌・・・ スマートフォンの保護者監視機能は結構入れている人が多いですよね。私の周囲でも嫌がられながらも入れている家庭は多いです。入れておいて損は無いですからね。 最初から保護者監視機能が付いている子供向けスマートフォン持ちも多いです。 エロ系ならフィルタリングもし易そうですから、逆に良いのかも知れません。

>>千葉県柏市のLINE監視アプリの本格導入は見送りへ、子供が見る有害サイト1位はモチロン・・・の続きを読む