不二越

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

不二越のタグ

不二越のタグが付いた記事

富山県への移住相談件数が急激に増加、北陸新幹線沿いが人気となり東京都は最下位に 

富山への移住相談9倍、39位から4位に急浮上  2016年度に寄せられた富山県内への移住に関する相談件数は、15年度の約9倍となる1万1787件に増え、全国順位も前年度の39位から4位に急浮上したことが総務省のまとめでわかった。 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170826-OYT1T50059.html
総務省が移住相談窓口や移住イベントで受けた移住したい都道府県の件数を公表しています。 移住の相談件数が最も多い都道府県は長野県、2位に新潟県、3位に北海道、4位に富山県、5位に石川県と北陸新幹線沿いが人気となっている様ですね。 逆に移住相談件数が最も少ない都道府県は東京都、次に沖縄県、大阪府、群馬県、神奈川県、青森県となっており、大都市と地方と沖縄と特に傾向は見当たりませんね。 富山県への移住相談は2015年度1331件と少なめですが、今回の2016年度では11787件と一気に増加しており、県は理由として就職・転職での相談件数も含めた事を挙げています。 富山県で就職・転職と聞くと不二越会長の富山県出身は採用しない発言を思い出します。 不二越は富山出身を採用せず東京へ移転、パナソニックは大阪は経営がし難いから東京へ移転・・・東京一極集中の理由がこんな所にあった http://childup.seesaa.net/article/451805019.html 富山県へ移住した年代は20代や30代と若い世代が多くなっており、もしかして不二越が採用したのでしょうかね?会長もほくそ笑んでいるかも知れません。 富山県の企業としては不二越の他に三協立山、インテック、コーセル、北陸電気工事、川田テクノロジーズ、大建工業、ゴールドウイン、日医工、ダイトなどが有名です。 ほくほくフィナンシャルグループや富山銀行など金融機関も勿論有りますし、こう見ると富山県へ就職・転職する若者が多くなっても不思議では無いですね。 そして、空き家活用として家賃補助金の話が有りますから、富山県に限らず地方移住者は何か増えそうな気がします。 子育て家庭と高齢者世帯を対象に空き家入居で月4万円の家賃補助金を支給、大家にも住宅改修費として100万円 http://childup.seesaa.net/article/445505827.html 第1回 福祉・住宅行政の連携強化の ための連絡協議会 https://www.mlit.go.jp/common/001156917.pdf 国道交通省も何やら動き出しています。 空き家流通に取得減税拡充 国交省が改正要望へ、再販売活性化 http://www.sankeibiz.jp/business/news/170828/bsc1708280500001-n1.htm 以下のWebサイトは総務省と企業や自治体が連携して運営している空き家バンクです。 ニッポン移住・交流ナビ(一般社団法人 移住・交流推進機構(JOIN)) https://www.iju-join.jp/akiyabank/ 数年前は地方移住を高齢者に絞っていましたが、ようやく若年層の重要性に気付き方針変更している事が良かったのでは無いでしょうか。 東京都など大都市で苦しんでいるのは低い給料で頑張っている若者層ですから、就職先も家も確保出来るのであれば地方への移住も考えちゃいますよね。 でも、安い!に釣られて何も考えずに移住するのは余り宜しく無いと言うか苦労する可能性も否定できません。 未だにマスメディアでは都市部vs地方とかやっていますが、その偏見が大きな障害となっていますので、如何に馴染むことが出来るかを良く考えてからにした方が良いでしょう。もちろん地方の方も受け入れ態勢を整えてからにしましょう。

>>富山県への移住相談件数が急激に増加、北陸新幹線沿いが人気となり東京都は最下位にの続きを読む

不二越は富山出身を採用せず東京へ移転、パナソニックは大阪は経営がし難いから東京へ移転・・・東京一極集中の理由がこんな所にあった 

不二越の本間博夫会長が富山の人は採用しないと会見で発言し、富山労働局職業安定課の朴木浩地方職業安定監察官が差別に繋がり不適切であると指摘をしています。朴木浩? 不二越会長「富山の人採らない」労働局が不適切と指摘 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170714/k10011058721000.html 本間会長は会見で「富山で生まれ地方の大学に行ったとしても、私は極力採らない、偏見かも分からないが、閉鎖的な考え方が強い」と述べて富山から東京へ一本化すると発表しました。 これがダメなら地域別トーク番組なんて全部ダメですよね? 以前、東京へ一極集中しているのはテレビ番組などマスコミの影響もあると書きましたが、まさか東証1部上場企業の会長がこんな事を思っていたとは。 この不二越の本間会長だけでなく、パナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社の樋口泰行社長も同じ様な事を述べています。 「もう限界」 脱大阪を宣言 パナソニック・樋口泰行氏の正論 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/11/news054.html 樋口社長は、「『門真』発想ではもう限界。すぐに東京に行くことを決めた、大阪中心の製造事業部だと、意識や戦略の転換に少し重たい」と述べており、本間会長の「採用しない」が無いだけで似たように聞こえます。東京へ行くと言う流れも一緒。 一方は正論、一方は差別。 何だか良く分かりませんが東京一極集中の理由がこんな所にあったとは・・・ こんな事を言われてしまった富山や大阪の人は一体・・・

>>不二越は富山出身を採用せず東京へ移転、パナソニックは大阪は経営がし難いから東京へ移転・・・東京一極集中の理由がこんな所にあったの続きを読む

結婚後も働きやすい?女性社員既婚率の高い企業ランキング 

専業主婦世帯は減少し共働き世帯が増えている現在、安定した雇用や収入を求めて仕事をしている主婦や女性社員の方は多いと前回の調査結果で分かりました。 しかし、正社員では無く時間の融通が効く派遣社員やパートを選び育児と仕事の両立を図っている主婦達が殆どとなっているのも現実。 出来れば正社員で結婚後も働きやすい会社に入りたいですよね。そんな結婚後も働きやすい会社ランキングが東洋経済に掲載されています。 「結婚後も働きやすい会社」ランキング100 http://toyokeizai.net/articles/-/101434 女性社員の既婚率を基に集計をしていますが、女性正社員の中の既婚者÷女子社員総数×100と言う計算方法だそうです。

「結婚後も働きやすい会社」ランキング100

  1. KDDI
  2. アルパイン
  3. ケーヒン
  4. 三菱電機
  5. 新光電気工業
  6. 富士重工業
  7. 日野自動車
  8. リョービ
  9. 東芝ソリューション
  10. 東芝情報システム
  11. 明電舎
  12. 三協立山
  13. ミネベア
  14. 資生堂
  15. 北陸電力
  16. NTN
  17. 医学書院
  18. YKK
  19. オリンパス
  20. アマノ
  21. 富士フイルム
  22. 東芝テック
  23. アルプス電気
  24. シャープ
  25. 興和
  26. 大同特殊鋼
  27. 花王カスタマーマーケティング
  28. アイシン精機
  29. 中部電力
  30. アスモ
  31. 毎日放送
  32. 東洋インキSCホールディングス
  33. 豊田自動織機
  34. フォスター電機
  35. 花王
  36. 三菱化学
  37. カルソニックカンセイ
  38. 丸文
  39. 太平洋工業
  40. 大阪ガス
  41. 村田製作所
  42. 三菱電機エンジニアリング
  43. SMK
  44. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
  45. 京王電鉄
  46. 古野電気
  47. グローリー
  48. 東京計器
  49. ビジネスブレイン太田昭和
  50. 日本信号
  51. エクセディ
  52. ウシオ電機
  53. 古河電気工業
  54. トーエネテック
  55. THK
  56. 堀場製作所
  57. 豊田合成
  58. 東洋紡
  59. コニカミノルタ
  60. 日東工業
  61. 日本調剤
  62. 黒崎播磨
  63. 小森コーポレーション
  64. ピジョン
  65. 富士電機
  66. 山陽新聞社
  67. パイオニア
  68. オリックス
  69. 旭硝子
  70. 住友生命保険
  71. 東洋経済新報社
  72. 日本ガイシ
  73. 理想科学工業
  74. YKK AP
  75. 日本発条
  76. カゴメ
  77. 三菱レイヨン
  78. 六興電気
  79. バンダイナムコエンターテインメント
  80. 日本品質保証機構
  81. SMC
  82. 不二越
  83. キーウェアソリューションズ
  84. 沖縄銀行
  85. TOTO
  86. 山陽特殊製鋼
  87. 日立国際電気
  88. 日本電産
  89. 愛三工業
  90. オルガノ
  91. アンリツ
  92. 東芝機械
  93. 十六銀行
  94. トヨタ車体
  95. 任天堂
  96. 三菱総合研究所
  97. 三菱ガス化学
  98. 名村造船所
  99. 日本新薬
  100. 高砂香料工業
  101. イビデン
トップとなったのはauブランドで知られるKDDIでした。 KDDIは女性社員も多く、女性社員既婚率も高いと言う本当に結婚後も働きやすい会社なのかも知れませんね。で、ランキングを見て行くと…殆ど女性社員数が多くないメーカーばかり…これはどうなのだろう?そりゃ既婚率も高くなるでしょう。 この中だと住友生命保険が完全に浮いている… いやまて、逆に言えばメーカー企業に入社すれば、職場恋愛から結婚して出産して、そして育児も仕事も両立できる女性が働きやすい訳で…あー何か分かるかも… 女子学生に人気の就職希望企業を見ても、上記の様な企業とはかけ離れた業界。企業イメージに騙されて、いざ入社してヒーヒー言っている女性が多い。私も其方にいたこと有るけど離婚している女性社員が異常に多かった…あの数社だけかな? まぁ上記の様な世界シェア高かったり、国内シェアも高かったりする企業に入社する事自体が難しいですよね。 そもそも女性社員採用していないでしょ?と思っていたのですが、何故か最近女性社員の求人採用を増やしている企業も見つける事が出来ます。 やはり人手不足なのかどうか分かりませんが、上記の企業で事務系職種の求人があったら応募をしてみると良いかも知れないです。福利厚生と言うか待遇が段違い… 正社員求人も良いのですが、ここら辺レベルの企業だと派遣社員やパートでも良い感じ。そこから正社員登用も必ずしてくれる様ですから、紹介予定派遣とかも見てみると良いですね。 しかも意外と平均年収も高いし、結婚後も働きやすい会社な訳ですから専業主婦か共働きかも選べそうな感じです。 孫の顔を見たいから、子供の就職先にも口を出してしまいそうです…

>>結婚後も働きやすい?女性社員既婚率の高い企業ランキングの続きを読む