文化庁の京都移転

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

文化庁の京都移転のタグ

文化庁の京都移転のタグが付いた記事

文化庁の京都移転、消費者庁の徳島移転、ようやく開始される 

文化庁が京都へ移転、消費者庁が徳島へ移転する計画が発表されてから数年経ちましたが、ようやく移転開始となった様です。 消費者庁の新拠点 徳島県庁に開設 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170724/k10011071851000.html 文化庁の移転先 京都府警本部に正式決定 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170725/k10011073091000.html 計画発表即移転は無理だとしても、ちょっと時間が経ち過ぎてしまっていますが、文化庁と消費者庁の移転は遅くとも2021年と期限を初めて明示しています。 東京一極集中はご存知の通り、年を追う毎に進んでおり、地方創生も含めて今回の2省庁移転は始まりに過ぎません。他の機関の地方移転も同時に進行していかないと数十人、数百人規模では殆ど無意味。 文化庁の京都移転は特に反対派は居ない様ですが、消費者庁の徳島移転には反対派が存在するそうです。 消費者庁 徳島に新拠点 全面移転に高いハードルと温度差 https://mainichi.jp/articles/20170725/k00/00e/040/179000c 反対理由として、
テレビ会議など情報通信システムの連携や東京と大阪のアクセス面の問題が浮上、消費者団体から反対の声も挙がった。衆院・消費者問題特別委員会が準備中の新オフィスを視察した際も「なぜ徳島なのかという理由付けは」「消費者トラブルが多い首都圏から離れ、利害が関わる問題をどう解決するのか」など厳しい声が相次いだ。
と書かれています。言いたい事は分かりますが、殆ど問題ないと言う事が逆に分かってしまいますね。 ついでに、こういった消費者団体も消費者庁の移転に追随してもらい地方創生の一旦を担って欲しいのです。 国民生活センター、消費生活センターとも連携していますから、そんな業務に支障が出る訳では無いでしょう。 特に四国は徳島だけでなく過疎化が深刻な状態となっており、買い物弱者が多いと言う事はそれだけ悪徳業者が入りやすいと考えられますから、今後高齢化が進む日本において高齢者をターゲットとした悪徳業者の調査を行える事は大きい様な気もします。 通信は確か徳島はIT企業が移転していると聞いていますから、その地元のIT企業とも連携したらどうでしょうかね。 こうして徐々に住みやすい四国になることが地方創生に繋がると思います。

>>文化庁の京都移転、消費者庁の徳島移転、ようやく開始されるの続きを読む