配偶者控除

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

配偶者控除のタグ

配偶者控除のタグが付いた記事

アルバイトやパートの時給が首都圏・関西・東海で過去最高に 

アルバイト・パートの時給 3大都市圏で過去最高 人手不足の深刻化を背景に、企業がアルバイトやパートを募集する際の時給が先月、首都圏など3大都市圏の平均で1012円と、過去最高になったことが求人情報会社の調査でわかりました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170720/k10011067031000.html
アルバイトやパートの時給が平均1012円で過去最高になったと求人情報サイトの調査で分かったそうです。 但しこれらは首都圏・関西・東海の大都市圏だけの話ですが、全国の平均時給は1006円程度となっていますので結構高くなりましたね。 では派遣社員は?と言うと、同じく首都圏・関西・東海の平均時給は1620円となっています。派遣社員の方は前年から横ばい。 アルバイトやパートも、派遣社員も主婦や高齢者などシニア層が中心となっており、時給の高さもそうですが、正社員よりも時間を自由に使える事が主婦にとっては働きやすいと思われています。 配偶者控除に配慮するシフトを導入する企業も増えていて、企業側も主婦の獲得に必死な印象を受けますね。 長期間ブランク有ると不安になりますけど、ちょこちょこと働いていると意外と不安が無かったりするのは、人によりますが、やっぱり社会との関わりがあった方が気分的に良いのかも知れませんね。 しかし、結構おじいちゃん、おばあちゃんスタッフが多くてビックリする。 高齢者スタッフを管理するマネージャーも高齢者だったりと高齢者社会を実感する事が出来ますが、ちょっとこれ大丈夫なのかな?と心配にはなりますね。 面白い事に主婦や高齢者スタッフが多い職場は、殆ど外国人スタッフが居ない。 逆もしかりで、外国人スタッフが多い職場は主婦や高齢者スタッフが殆ど居ない。 現在の所、どちらかで人出は足りている様ですが、今後はどうなるのでしょうかね?

>>アルバイトやパートの時給が首都圏・関西・東海で過去最高にの続きを読む

パートの主婦は時給アップを嫌がる?理由は扶養内で働きたいから 

なぜ、パート主婦は時給UPを断固拒否するのか? http://news.livedoor.com/article/detail/11249282/ パートの主婦は時給アップを嫌がると言うか喜ばないと言う記事が有りました。 理由としては時給アップによって夫の扶養内から外れ、税金・社会保険料を取られたく無いからとなっています。 103万円の壁、130万円の壁は良く聞きますし気を付けていた時期も有りましたので分かりますが、100万円の壁、141万円の壁、106万円の壁なども有るそうです。 まずパート収入が100万円越えると住民税がかかる。 パート収入が103万円越えると住民税の他に所得税がかかり、夫の配偶者控除から外れ配偶者特別控除へ切り替わる。 パート収入が130万円越えると住民税・所得税などの他に、健康保険や厚生年金保険料など社会保険料がとられる。 パート収入が141万円越えると配偶者特別控除は適用外。 最後に106万円の壁は、2016年10月から、一定の条件(従業員501人以上の企業で働く人が対象、1週間の所定労働時間が20時間以上など)を満たす場合、パートで働く労働者も厚生年金や健康保険への加入が義務付けられる。となっています。 と言う事でパートの時給が上がると困ってしまう主婦が多いのです・・・なんて訳無いでしょう。 パートの時給が上がると言うことは、普通に考えて喜ぶことです。 何しろ今までよりも短い時間で同じ給料を得ることが出来るわけで、仕事以外の時間が出来るのです。何で同じ時間パートすること前提なのだろう?配偶者控除に関しては夫がキレると思うので厳守しますよね。 それに最初っからパートだった訳じゃ無い主婦が殆どですし、夫婦双方が正社員の共働きも多いですし、何か変な記事ですね。

>>パートの主婦は時給アップを嫌がる?理由は扶養内で働きたいからの続きを読む