派遣社員

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

派遣社員のタグ

派遣社員のタグが付いた記事

アルバイトやパートの時給が首都圏・関西・東海で過去最高に 

アルバイト・パートの時給 3大都市圏で過去最高 人手不足の深刻化を背景に、企業がアルバイトやパートを募集する際の時給が先月、首都圏など3大都市圏の平均で1012円と、過去最高になったことが求人情報会社の調査でわかりました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170720/k10011067031000.html
アルバイトやパートの時給が平均1012円で過去最高になったと求人情報サイトの調査で分かったそうです。 但しこれらは首都圏・関西・東海の大都市圏だけの話ですが、全国の平均時給は1006円程度となっていますので結構高くなりましたね。 では派遣社員は?と言うと、同じく首都圏・関西・東海の平均時給は1620円となっています。派遣社員の方は前年から横ばい。 アルバイトやパートも、派遣社員も主婦や高齢者などシニア層が中心となっており、時給の高さもそうですが、正社員よりも時間を自由に使える事が主婦にとっては働きやすいと思われています。 配偶者控除に配慮するシフトを導入する企業も増えていて、企業側も主婦の獲得に必死な印象を受けますね。 長期間ブランク有ると不安になりますけど、ちょこちょこと働いていると意外と不安が無かったりするのは、人によりますが、やっぱり社会との関わりがあった方が気分的に良いのかも知れませんね。 しかし、結構おじいちゃん、おばあちゃんスタッフが多くてビックリする。 高齢者スタッフを管理するマネージャーも高齢者だったりと高齢者社会を実感する事が出来ますが、ちょっとこれ大丈夫なのかな?と心配にはなりますね。 面白い事に主婦や高齢者スタッフが多い職場は、殆ど外国人スタッフが居ない。 逆もしかりで、外国人スタッフが多い職場は主婦や高齢者スタッフが殆ど居ない。 現在の所、どちらかで人出は足りている様ですが、今後はどうなるのでしょうかね?

>>アルバイトやパートの時給が首都圏・関西・東海で過去最高にの続きを読む

中高年女性のパートやアルバイトが増加、派遣を減らしてパートやアルバイトを増やす 

パートやアルバイトは増加継続、特に高齢者と中堅女性…非正規社員の現状をグラフ化してみる http://news.livedoor.com/article/detail/11198297/ 総務省が公表した労働力調査では、中高年女性のパートやアルバイトが若者世代よりも増加しているそうです。 これらは派遣を減らしてパートやアルバイトに切り替える企業が増えたからとされていますが、実際には派遣社員も増えていますので、単純に働く中高年女性が増えただけの様な気もしますけど。 女性の非正規社員は35歳以上から一気に増えており、40代や50代、そして65歳以上でも若者世代よりも多いのは分かります・・・が、単純に世代別の人口が全く違いますからねぇ・・・比較対象にならない気もする。男性の非正規社員は殆ど変わりなく、定年再就職世代で一気に増えています。 たくさんグラフを掲載していますが、これで分かるのは雇用は殆ど改善しており、大抵の男女は働いていると言う感じですね。 これ迄、単に働きたく無いと言っていた人も働き始めており、隠れた失業者も減少傾向となっています。

>>中高年女性のパートやアルバイトが増加、派遣を減らしてパートやアルバイトを増やすの続きを読む

共働き世帯と専業主婦世帯の推移が完全にX、育児と仕事の両立は正社員より派遣社員? 

厚生労働省が平成27年版の厚生労働白書を公開しており、その中にある共働き世帯と専業主婦世帯の推移が有りました。 平成27年版厚生労働白書 −人口減少社会を考える−(本文) http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/15/ 共働き世帯は増加、専業主婦世帯は減少しているのですが、その形が完全にXとなっているのが面白い…いや面白くは無いか。 1980年時点では専業主婦世帯が圧倒的に多く、500万世帯くらい違います。 しかしバブルが弾けた辺りから一気に減り始め、逆に共働き世帯が徐々に増え始めます。 そして1990年から2000年辺り迄同世帯数で推移しますが、その後は専業主婦は減少、共働き世帯は増加する一途を辿り、Xの形がくっきりです。350万世帯程差があります。 働く女性が増えた事は悪い事では無いとは思いますが、育児休暇取得率は殆ど変わっておらず、出産後に仕事を継続する女性も殆ど変わっていない。 子育てに悩みや不安が有るのは男性約7割、女性約8割と非常に多く、その多くは安定した雇用と収入に集中しています。 女性の正社員求人は現在非常に多く有るのですが、育児中だと派遣社員やパートなど所謂非正規社員を選ぶ主婦が殆ど。なぜ派遣やパートを選ぶのかと言うと、突発的な用事に対応出来るため時間や曜日に自由が効くと言う理由ですね。 そして子育ても一段落して再就職となるのですが、何故かそこでも派遣やパートを選ぶからおかしくなってしまうのですよねぇ。そりゃ安定した雇用と収入では無いですよ。 女性の正社員求人を増やすのも良いですが、むしろ派遣社員の待遇をもっと良くした方が上手く行くのかも知れませんね。

>>共働き世帯と専業主婦世帯の推移が完全にX、育児と仕事の両立は正社員より派遣社員?の続きを読む

ファッション業界で主婦活用、30代や40代の再就職を狙う 

ファッション業界の従業員不足 経営者の発想転換がカギに 一方、発想を変えると、従業員は何も若者でなければならないことはない。いわゆる、主婦層の活用である。20代で、結婚、出産を経験すると、30代、40代では時間的な余裕も出てくる。 http://www.fashionsnap.com/the-posts/2016-02-01/post-640/
人手不足と良く聞きますが、ファッション業界も深刻な人手不足だそうです。 アパレル企業の従業員数は増加しているが、店舗で働く従業員が足らないらしい。 20代の若者世代はファッション業界には興味が無い様で、大々的に求人をしても中々人が集まらないそうです。 そこで脚光を浴びているのが30代や40代の主婦再就職組。 「主婦スタッフの取締役への登用」「店長、チーフクラスの待遇改善、その後のポストの創出」「パートから正社員への登用」など様々な待遇を用意する企業迄有るそうです。 確かに若者向けファッションの店舗でも30代や40代と見られる主婦が一生懸命働いていますよね。 販売ノルマ無し!とか言う求人も有ったりと、以前の様な雰囲気では無いことは確か。 主婦向けの求人は結構多く有り、派遣社員やパートだけでなく、時短勤務や地域限定正社員の様な雇用形態も探すことが出来ます。 主婦の再就職でも仕事を選ぶ事が出来るのは嬉しいですね。

>>ファッション業界で主婦活用、30代や40代の再就職を狙うの続きを読む