東京女子大学

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

東京女子大学のタグ

東京女子大学のタグが付いた記事

日本女子大学が休学費用を年間60万円から20万円に減額する事を発表、キッカケは卒業生のブログ 

日本女子大 休学費用の大幅減額を決定 「高すぎる」の指摘受け 大学生が休学する際に支払う休学費用について、日本女子大学は、「高すぎる」と指摘した卒業生のブログ記事が反響を呼んだことなどを受け、従来の年間60万円程度から20万円に減額することを決めました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170113/k10010838591000.html
ポン女と言う略称でも知られている日本女子大学。 その日本女子大学が休学費用を年間60万円から年間20万円へと大幅に減額する事が発表されています。 今回の日本女子大学の休学費用減額となった経緯が書かれており、キッカケの一つに卒業生のブログが挙げられています。 【休学費改定です!】日本女子大学のご英断と学生たちの勇気に心からの感謝を http://www.manazooooo.com/entry/2017/01/11/093345 上記のブログは日本女子大学卒業生で有る佐藤真央さんが、自身が休学費用の事で大学側へ直談判した経緯が書かれており、在校生が再度試みた結果、日本女子大学側が妥協した感じです。 大学での休学は国立大学と私立大学で費用が全く異なっており、国立公立大学は全額無償の免除、私立大学は大学によって様々です。ちなみに日本女子大学の休学費用年間60万円は高い部類。 休学する理由の多くは留学ですが、この留学費用に関しても大学によって異なりますので確認をしておきましょう。 女子大学の休学費用を比較してみると、 国公立の女子大学では、お茶の水女子大学の休学費用は免除。 私立女子大学では、東京女子大学は授業料の3分の1、津田塾は年間20万円、昭和女子大は授業料の半額で約40万円。 こんな感じなのですが、留学プログラムなどを利用する事で費用に関しては変わって来ますので、やはり最初に確認しておく方が良いですね。

>>日本女子大学が休学費用を年間60万円から20万円に減額する事を発表、キッカケは卒業生のブログの続きを読む

オシャレなイメージの有る大学ランキング、慶応・青学以外では女子大が多い 

オシャレなイメージの有る大学ランキングが有りました。 大学選びにオシャレもクソも無いのですが、その時期・年代ってヤッパリ気になるのですよねぇ。 大学のブランド言うかなんと言うか・・・まぁ取り敢えずオシャレなイメージの有る大学ランキングを見てみましょう。

オシャレなイメージの有る大学ランキング 関東エリア

  1. 青山学院大学
  2. 慶應義塾大学
  3. 上智大学
  4. 立教大学
  5. 明治大学
  6. 早稲田大学
  7. フェリス女学院大学
  8. 白百合女子大学
  9. 東京女子大学
  10. お茶の水女子大学

オシャレなイメージの有る大学ランキング 東海エリア

  1. 青山学院大学
  2. 慶應義塾大学
  3. 上智大学
  4. 明治大学
  5. 椙山女学園大学
  6. 早稲田大学
  7. 愛知淑徳大学
  8. 神戸大学
  9. お茶の水女子大学
  10. 同志社大学

オシャレなイメージの有る大学ランキング 関西エリア

  1. 慶應義塾大学
  2. 青山学院大学
  3. 同志社大学
  4. 立命館大学
  5. 関西学院大学
  6. 神戸大学
  7. 近畿大学
  8. 早稲田大学
  9. 甲南大学
  10. 同志社女子大学
青山学院大学と慶應義塾大学は、どの地域でも1位と2位。圧倒的にオシャレイメージが高い大学となっています。 それ以外では早稲田大学が有るのですが・・・早稲田大学がオシャレ?時代は変わりましたね。 目立つのは女子大学。フェリス女学院大学、白百合女子大学、東京女子大学、お茶の水女子大学、椙山女学園大学、同志社女子大学。愛知淑徳大学は共学ですが元々は女子大なのでイメージが残っているのでしょうか。 オシャレなイメージの有る大学は、そう思われている訳ですから入学したら遊び呆けてしまう場合も有るので考えものですよね。相応のお誘いも有りますから誘惑に負けないで下さい。

>>オシャレなイメージの有る大学ランキング、慶応・青学以外では女子大が多いの続きを読む

おすすめ大学ランキング、学力・偏差値も家計も関係なしで勧める大学とは? 

有名高校の進路指導教諭が勧める180大学 http://toyokeizai.net/articles/-/116120 おすすめ大学となると自分の出身大学だったり、知り合いが行っていた大学だったり、単純に知っている大学、有名な大学に偏ってしまいますよね。 今回の「おすすめ大学ランキング」は、そういった偏りを無くした全国の進学高校750校の進路指導担当教員が選んだ生徒に勧めたい大学ランキングとなっています。 しかも、偏差値などの学力、親の資金力など家計の問題など制限を無しとした場合のオススメ大学ランキングとなっていますので面白い結果となっています。

おすすめ大学ランキング

  1. 東京大学
  2. 慶應義塾大学
  3. 京都大学
  4. 早稲田大学
  5. 東北大学
  6. 国際基督教大学
  7. 大阪大学
  8. 東京工業大学
  9. 国際教養大学
  10. 北海道大学
  11. 同志社大学
  12. 上智大学
  13. 東京理科大学
  14. 一橋大学
  15. 明治大学
  16. 九州大学
  17. 名古屋大学
  18. 立命館大学
  19. 立教大学
  20. 筑波大学
  21. 広島大学
  22. 神戸大学
  23. 関西学院大学
  24. 千葉大学
  25. 立命館アジア太平洋大学
  26. 首都大学東京
  27. 青山学院大学
  28. 金沢工業大学
  29. 関西大学
  30. 岡山大学
  31. 信州大学
  32. 中央大学
  33. 金沢大学
  34. 武蔵大学
  35. 新潟大学
  36. 東京外国語大学
  37. お茶の水女子大学
  38. 東京農工大学
  39. 日本大学
  40. 学習院大学
  41. 津田塾大学
  42. 埼玉大学
  43. 電気通信大学
  44. 横浜国立大学
  45. 南山大学
  46. 近畿大学
  47. 大阪市立大学
  48. 法政大学
  49. 西南学院大学
  50. 芝浦工業大学
  51. 東京農業大学
  52. 九州工業大学
  53. 大阪府立大学
  54. 茨城大学
  55. 熊本大学
  56. 県立広島大学
  57. 京都工芸繊維大学
  58. 鳥取大学
  59. 横浜市立大学
  60. 東京医科歯科大学
  61. 東京学芸大学
  62. 長岡技術科学大学
  63. 成城大学
  64. 小樽商科大学
  65. 岩手大学
  66. 香川大学
  67. 秋田県立大学
  68. 富山県立大学
  69. 東北公益文科大学
  70. 東洋大学
  71. 明治学院大学
  72. 奈良大学
  73. 宇都宮大学
  74. 群馬大学
  75. 静岡大学
  76. 島根大学
  77. 神奈川県立保健福祉大学
  78. 都留文科大学
  79. 成蹊大学
  80. 東京芸術大学
  81. 福井大学
  82. 山梨大学
  83. 和歌山大学
  84. 山口大学
  85. 会津大学
  86. 高知工科大学
  87. 福岡女子大学
  88. 日本女子大学
  89. 武庫川女子大学
  90. 富山大学
  91. 岐阜大学
  92. 長崎大学
  93. 高崎経済大学
  94. 山梨県立大学
  95. 獨協大学
  96. 玉川大学
  97. 神戸女学院大学
  98. 山形大学
  99. 東京海洋大学
  100. 順天堂大学
  101. 京都女子大学
  102. 三重大学
  103. 滋賀大学
  104. 大阪教育大学
  105. 茨城県立医療大学
  106. 群馬県立女子大学
  107. 埼玉県立大学
  108. 千葉県立保健医療大学
  109. 京都府立大学
  110. 城西大学
  111. ものつくり大学
  112. 神田外語大学
  113. 産業能率大学
  114. 東海大学
  115. 東京女子大学
  116. 神奈川大学
  117. 愛知大学
  118. 名古屋商科大学
  119. 皇學館大学
  120. 甲南大学
  121. 安田女子大学
  122. 福岡工業大学
  123. 奈良女子大学
  124. 公立はこだて未来大学
  125. 新潟県立大学
  126. 静岡県立大学
  127. 静岡文化芸術大学
  128. 北九州市立大学
  129. 北海道情報大学
  130. 国際医療福祉大学
  131. 北里大学
  132. 工学院大学
  133. 東邦大学
  134. 日本体育大学
  135. 藤田保健衛生大学
  136. 京都産業大学
  137. 龍谷大学
  138. 日本赤十字広島看護大学
  139. 九州国際大学
  140. 九州保健福祉大学
  141. 弘前大学
  142. 秋田大学
  143. 名寄市立大学
  144. 兵庫県立大学
  145. 広島市立大学
  146. 名桜大学
  147. 酪農学園大学
  148. 自治医科大学
  149. 秀明大学
  150. 駒澤大学
  151. 松本大学
  152. 椙山女学園大学
  153. 広島工業大学
  154. 佐賀大学
  155. 札幌医科大学
  156. 岩手県立大学
  157. 福島県立医科大学
  158. 神戸市外国語大学
  159. 尾道市立大学
  160. 文教大学
  161. 昭和女子大学
  162. 専修大学
  163. 文京学院大学
  164. 名城大学
  165. 大阪経済大学
  166. 広島国際大学
  167. 旭川医科大学
  168. 京都教育大学
  169. 徳島大学
  170. 名古屋市立大学
  171. 岡山県立大学
  172. 福山市立大学
  173. 共栄大学
  174. 國學院大學
  175. 東京慈恵会医科大学
  176. 東京純心大学
  177. 同志社女子大学
  178. 神戸山手大学
  179. ノートルダム清心女子大学
  180. 福岡大学
おすすめ大学ランキングは上記の通りとなっており、超有名大学から地方大学、全く知らない大学など様々な大学が挙げられています。 首都圏など都市部以外にも聞いている事が良く分かる結果です。 大学選びの参考にして見ましょう。

>>おすすめ大学ランキング、学力・偏差値も家計も関係なしで勧める大学とは?の続きを読む

女子学生の就職に強い大学ランキング、殆ど変化なく見えるが 

前回の就職に強い大学ランキングでも書きましたが、就職四季報での新卒採用実績校を基準とした女子学生の就職に強い大学ランキングを見て行きましょう。

女子学生の就職に強い大学ランキング

  1. 早稲田大学
  2. 立教大学
  3. 同志社大学
  4. 慶應義塾大学
  5. 明治大学
  6. 立命館大学
  7. 中央大学
  8. 法政大学
  9. 日本大学
  10. 関西学院大学
  11. 関西大学
  12. 上智大学
  13. 大阪大学
  14. 青山学院大学
  15. 京都大学
  16. 神戸大学
  17. 東京大学
  18. 東京理科大学
  19. 日本女子大学
  20. 北海道大学
  21. 東北大学
  22. 名古屋大学
  23. 東洋大学
  24. 九州大学
  25. 筑波大学
  26. 学習院大学
  27. 横浜国立大学
  28. 近畿大学
  29. 千葉大学
  30. 明治学院大学
  31. 東京外国語大学
  32. 大阪市立大学
  33. 一橋大学
  34. 香川大学
  35. 津田塾大学
  36. 首都大学東京
  37. 専修大学
  38. 東京工業大学
  39. 南山大学
  40. 横浜市立大学
  41. 東京女子大学
  42. 成蹊大学
  43. 駒澤大学
  44. 広島大学
  45. 武庫川女子大学
  46. 奈良女子大学
  47. 同志社女子大学
  48. 大阪府立大学
  49. 岡山大学
  50. 東京農工大学
女子学生の就職に強い大学ランキングは上記の通りとなっており、一見変化無い様に見えますが、女子大学は一気にランキングアップしますね。 次のページでは多分最も気になる優良企業や中堅企業の就職に強い大学ランキングを見てみましょう。 優良・中堅企業への就職に強い大学ランキング、就活の参考にしたい

>>女子学生の就職に強い大学ランキング、殆ど変化なく見えるがの続きを読む

2015年の就職率が高い大学ランキング、理工系や医療福祉系などが強い 

2016年新卒となる高卒の就職内定率が90%となっているそうで、1990年以来25年ぶりの事らしいですね。 富山の97.6%、福井の96.7%、島根の94.6%と続いて、ワーストは沖縄が圧倒的で65%、大阪83%、神奈川84.6%となっています。 学科別では工業、商業、水産と農業、福祉、家庭と看護などが大多数を占めていますが、普通科でも83.3%も有る様です。 さて、国公立大学や一部の私立大学でも合格発表が続々と行われており、受験生達も入れ替わりの時期となりました。 大学選びの基準もそれぞれだと思いますが、今では就職率が高い大学を選ぶ受験生達も多いですよね。親の立場から見ても、やはり就職率が高い大学へ進学してくれると安心できる部分は有ります。 必見!「大学就職率ランキング」トップ300 http://toyokeizai.net/articles/-/62460 大卒の就職率は最近上がっていますが、2015年時点での大学就職率を大学通信と東洋経済調べで公表しています。

就職率が高い大学ランキング

就職率が高い大学ランキングは上記の様な結果となっており、上位はほぼ理工系や医療福祉系の大学で占められています。大学院への進学者も含めた就職率ですので90%以上は凄いですねぇ。 地理的に東京や大阪、名古屋などの大都市の方が就職しやすいのかと思いましたが、トップは新潟の長岡技術科学大学、2位は福井の福井大学、4位に岡山のノートルダム清心女子大学。 しかし全体的に見ると東京と愛知の大学が多い感じで、100位辺りから殆ど東京や首都圏の大学となってくる。 1万人も学生が在籍している早稲田大学は188位で就職率は80.5%、1万3000人も学生が在籍している日本大学は212位で就職率は79.2%、東京大学は270位で71.5%と意外と低い。京都大学は159位の82.2%。 300位となったのは日本経済大学で就職率は46.3%、299位は和光大学で就職率は48.2%、武蔵野美術大学や多摩美術大学、大阪芸術大学、国立音楽大学、日本体育大学など美術芸術系や体育系大学の就職率もこの辺りとなっていますね。 そう言えば先日フリーとなる事を発表したフジテレビアナウンサーの加藤綾子さんは国立音楽大学出身ですので、かなり異質。 ランキング外となってしまった大学は就職率も46%以下となる訳ですから、結構就職活動も厳しくなりそうですね。 東京六大学やMARCH、関関同立、日東駒専、大東亜帝国は今も健在の様で、やはり都市部の大学の方が就職率もたかくなる傾向が有るのかも? 大学の2018年問題も話題となっていますので、地方大学も都市部にサテライトキャンパスなど設立し始めており、何かしら対応しなければなりませんね。

>>2015年の就職率が高い大学ランキング、理工系や医療福祉系などが強いの続きを読む

女子大学の就職率ランキング、共学大学とどちらが良い? 

昔程『女子大学』と言うネームバリューも無くなった感じがする昨今の女子大状況ですが、進学先としても女子大人気は陰りを見せているそうです。 共学大学の方が進学先人気としては高いですが、就職率は女子大の方が少し良いそうです。 共学84.4%、女子大学85.3%と僅かでは有りますが就職率は女子大学の方が高くなっていますね。 そんな女子大学の就職率ランキングが掲載されていましたので、見てみましょう。 「就職に強い女子大」ベスト60校ランキング http://toyokeizai.net/articles/-/94991

女子大学の就職率ランキング

  1. ノートルダム清心女子大学
  2. 福岡女学院看護大学
  3. 岐阜女子大学
  4. 昭和女子大学
  5. 女子栄養大学
  6. 神戸海星女子学院大学
  7. 東北女子大学
  8. 日本女子大学
  9. 東京女子大学
  10. 鹿児島純心女子大学
  11. 藤女子大学
  12. 聖心女子大学
  13. 東京家政大学
  14. 名古屋女子大学
  15. 神戸親和女子大学
  16. 桜花学園大学
  17. 福岡女子大学
  18. 千里金蘭大学
  19. 聖徳大学
  20. 京都女子大学
  21. 椙山女学園大学
  22. 園田学園女子大学
  23. 京都華頂大学
  24. 学習院女子大学
  25. 広島女学院大学
  26. 仙台白百合女子大学
  27. お茶の水女子大学
  28. 西南女学院大学
  29. 津田塾大学
  30. 梅花女子大学
  31. 安田女子大学
  32. 武庫川女子大学
  33. 広島文教女子大学
  34. 神戸女学院大学
  35. 松山東雲女子大学
  36. 共立女子大学
  37. 十文字学園女子大学
  38. 大妻女子大学
  39. 九州女子大学
  40. 群馬県立女子大学
  41. 東京女子医科大学
  42. 鎌倉女子大学
  43. 仙台白百合女子大学
  44. 神戸女子大学
  45. 金城学院大学
  46. 甲南女子大学
  47. 東洋英和女学院大学
  48. 東京女子体育大学
  49. 清泉女子大学
  50. 相模女子大学
  51. フェリス女学院大学
  52. 奈良女子大学
  53. 跡見学園女子大学
  54. 東京家政学院大学
  55. 川村学園女子大学
  56. 大阪樟蔭女子大学
  57. 筑紫女学園大学
  58. 同志社女子大学
  59. 和洋女子大学
  60. 神戸松蔭女子学院大学
女子大で就職率が最も高いのはノートルダム清心女子大学で96.4%、僅差の2位は福岡女学院看護大学で96.3%。 14位の名古屋女子大学まで就職率が90%を超えており、60位の神戸松蔭女子学院大学でも82.2%と言う高い就職率。 国立女子大学である、お茶の水女子大学と奈良女子大学は大学院へ進学する学生が多い様子。 就職率が高い女子大学ですが、なぜ人気が低下しているのか?理由としては、女子大学にない学部を目指す学生が増えたからと書かれています。 しかし人気が低下したので、入学倍率も低下しており、津田塾大2.1倍、東京女子大2.1倍、京都女子大2.2倍、同志社女子大3.6倍、神戸女学院大2.2倍と、有名女子大でも2倍台の倍率となっているそうです。これは結構狙い目では無いでしょうかね? と言っても理系女子のリケジョになるには、お茶の水女子大学、奈良女子大学、日本女子大学など限られていますので、今後、女子大側も学部が多様化するかも知れませんね。 さて、肝心の就職先ですが、女子大にも依りますが相変わらず金融機関が多い様子。 津田塾も金融機関が多いが、ANA、NECソリューションイノベータ、日立製作所なども就職先として挙げられています。 看護大学や栄養大学などは資格取得は勿論で、その後の就職先も基本的には病院や施設が多くなります。 ランクインしている女子大学出身の方は私の周囲にも結構いますが、やっぱり歴史と伝統が有る女子大学出身者は他と違いますね。 女子大学と言っても男子学生との接点が無い訳では有りません。むしろ多くなる女子大学まで有ります。女子大毎に付き合いの有る他の大学が有り、そこの学生と仲良くなる感じです。勿論、仲良くならなくても大丈夫ですので、その点は心配は無いでしょうかね。

>>女子大学の就職率ランキング、共学大学とどちらが良い?の続きを読む