定員充足率

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

定員充足率のタグ

定員充足率のタグが付いた記事

定員割れしている私立大学が減少、定員充足率50%未満の大学も減少 

大学の東京一極集中問題が取り沙汰されていますが、日本私立学校振興・共済事業団の調査結果を河合塾が公表しています。 私立大の定員割れ大学数は減少を掲載(PDF形式) http://www.keinet.ne.jp/topics/17/20170804.pdf それによると2017年度では私立大学の定員割れが前年度の45%から39%へ減少しています。 定員充足率50%未満と言う閉校待ったなしの大学も5校減少しています。 私立短期大学の定員割れも減少していますが、67.1%と高い水準はキープしています。 地域別に見ていくと四国、中国、甲信越、北海道が充足率100%を切っており、その他の地域は100%を超えています。 規模別に見ると小規模大学ほど充足率が低く、定員500人以上の大学から充足率100%となっています。 学部系統別に見ると薬学、歯学、家政学で充足率100%を切っていますが、薬学は志願倍率が8.8%と高い部類ですが100%切っており、歯学は3つの中でもダントツ定員割れとなっています。 人文科学や社会科学の充足率が高くて家政学が低いのは納得いかないのですが、四年制大学へ進学する人が多いのでしょう。 定員超過の厳格化も一定の成果が出ており、定員増加規制も併せる事で大学生の東京一極集中も無くなりそうですね。何しろ東京都だけで四年制の大学生は66万6156人。 東京都の短大生は1万4245人。短大生は急激に減少しており昭和40年時と同じ様になっていますので淘汰される可能性が高いです。東京都であっても青山学院女子短期大学が募集停止していますしね。 新規学生が減少しているのに大学数が増加している事も異常であって、ここら辺を問題視しない方がおかしい。私立大学が100校以上あるのは東京都だけです。 東京・23区内の大学新設抑制要望 小池百合子知事が反対表明 全国知事会 http://www.sankei.com/life/news/170728/lif1707280019-n1.html 上記の様に小池都知事は東京一極集中を歓迎しており、ハーバード大やMIT、国際教養大を挙げて地方でも人気が有ると述べています。 ハーバード大学やMITがいつ設立されたかご存知の筈ですが・・・それにこの2つと比較する大学としては東京工業大学になってしまうのですが・・・ちなみに国際教養大は公立大学です。 新設大学が多過ぎると言われている訳です。 前述の通り私立大学が100校以上あるのは東京都だけ、国立大学が10校以上あるのも東京都だけ。 無名で有るにも拘らず東京の四年制大学と言うだけで学生が集まる事が一極集中に繋がっていると指摘されているのに、見当違いの答え。 しかも学力が低くても大学運営だけの為に入学させるFラン大も問題視されている訳です。 それこそMITが当初呼ばれていた職業専門学校じゃないのでしょうか? 魅力ある大学を作らなくてはならないのは地方よりも東京含む大都市圏だと思います。

>>定員割れしている私立大学が減少、定員充足率50%未満の大学も減少の続きを読む

大学の2018年問題って何?少子化で大学が潰れる時代へ突入 

2018年「淘汰の時代」到来か 18歳人口減少と進学率頭打ちで経営を圧迫[大学] 大学の「2018年問題」が大きな関心を集めている。今は踊り場状態にある18歳人口が、この年から再び減少して大学経営を圧迫し、「淘汰の時代」が本格化するというのだ。「私立は半減してもおかしくない」との指摘さえある。厳しい環境に置かれている大学の現状と近未来を探った。 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41985
少子化の影響は方々で有りますが、大学にも当然有る様です。 一部では2018年問題と呼ばれており、このまま少子化が進み、進学率も伸びなくなると2018年には大学入学人数が10万人減るらしい。 例として、1大学1000人が定員とすると100大学分の入学者が消えるとされており、大学が潰れる訳です。 後3年しか有りませんから、対策どうのこうのでは既に無いですね・・・何故放っといたのだろう。相変わらず新設しているし・・・ こうなると大学側の頼みの綱は、そう留学生となります。以前書いたスーパーグローバル大学も、その一環ですね。 しかしながら、現在スーパーグローバル大学は計37校ですから残りの大学は学生集めに必死です。国公立大はまだ良いが、私立は非常にマズイ状況。 スーパーグローバル大学(SGU)の対象大学一覧、世界ランキングトップ100をめざす力のある大学や社会のグローバル化を牽引する大学を支援 国から大学への補助金の支給資格は定員充足率50%以上だそうで、既に私立大学の15校は50%未満となっており、定員数自体を減らす大学も多いとか。 最近は大卒の看護師が多くなっているそうですが、これも学生集めの一つ。看護師は人手不足で給料は結構高い、国が待遇改善に動いている、と言うことも有り人気職種となっているらしい。 2015年の就職率が高い大学ランキング、理工系や医療福祉系などが強い 後は公務員を目指す専門学校も多く有り、これらも学生集めの一環でしょう。 ネットでよく見るFランク大学とか、どうするのでしょうかね。 Fラン大学に関しては以下のページをみて下さい。 Fラン大学って何?小学生レベルの問題を復習

>>大学の2018年問題って何?少子化で大学が潰れる時代へ突入の続きを読む