神奈川工科大学

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

神奈川工科大学のタグ

神奈川工科大学のタグが付いた記事

2015年の就職率が高い大学ランキング、理工系や医療福祉系などが強い 

2016年新卒となる高卒の就職内定率が90%となっているそうで、1990年以来25年ぶりの事らしいですね。 富山の97.6%、福井の96.7%、島根の94.6%と続いて、ワーストは沖縄が圧倒的で65%、大阪83%、神奈川84.6%となっています。 学科別では工業、商業、水産と農業、福祉、家庭と看護などが大多数を占めていますが、普通科でも83.3%も有る様です。 さて、国公立大学や一部の私立大学でも合格発表が続々と行われており、受験生達も入れ替わりの時期となりました。 大学選びの基準もそれぞれだと思いますが、今では就職率が高い大学を選ぶ受験生達も多いですよね。親の立場から見ても、やはり就職率が高い大学へ進学してくれると安心できる部分は有ります。 必見!「大学就職率ランキング」トップ300 http://toyokeizai.net/articles/-/62460 大卒の就職率は最近上がっていますが、2015年時点での大学就職率を大学通信と東洋経済調べで公表しています。

就職率が高い大学ランキング

就職率が高い大学ランキングは上記の様な結果となっており、上位はほぼ理工系や医療福祉系の大学で占められています。大学院への進学者も含めた就職率ですので90%以上は凄いですねぇ。 地理的に東京や大阪、名古屋などの大都市の方が就職しやすいのかと思いましたが、トップは新潟の長岡技術科学大学、2位は福井の福井大学、4位に岡山のノートルダム清心女子大学。 しかし全体的に見ると東京と愛知の大学が多い感じで、100位辺りから殆ど東京や首都圏の大学となってくる。 1万人も学生が在籍している早稲田大学は188位で就職率は80.5%、1万3000人も学生が在籍している日本大学は212位で就職率は79.2%、東京大学は270位で71.5%と意外と低い。京都大学は159位の82.2%。 300位となったのは日本経済大学で就職率は46.3%、299位は和光大学で就職率は48.2%、武蔵野美術大学や多摩美術大学、大阪芸術大学、国立音楽大学、日本体育大学など美術芸術系や体育系大学の就職率もこの辺りとなっていますね。 そう言えば先日フリーとなる事を発表したフジテレビアナウンサーの加藤綾子さんは国立音楽大学出身ですので、かなり異質。 ランキング外となってしまった大学は就職率も46%以下となる訳ですから、結構就職活動も厳しくなりそうですね。 東京六大学やMARCH、関関同立、日東駒専、大東亜帝国は今も健在の様で、やはり都市部の大学の方が就職率もたかくなる傾向が有るのかも? 大学の2018年問題も話題となっていますので、地方大学も都市部にサテライトキャンパスなど設立し始めており、何かしら対応しなければなりませんね。

>>2015年の就職率が高い大学ランキング、理工系や医療福祉系などが強いの続きを読む

就職や学力の学生へのサポートが良い大学ランキング 

面倒見の良い大学を大学通信が発表しており、それをランキング形式で東洋経済が掲載しています。 「面倒見がよい大学」ベスト100ランキング http://toyokeizai.net/articles/-/102791 どう言った事で面倒見良い大学としているのかと言うと、主体的に活動をする学生へのサポートが手厚い大学を面倒見の良い大学としている様です。 この面倒見の良い大学は就職にも強い大学となっており、就職までの学力アップにも繋がっているらしい。 では、その面倒見の良い大学ランキングを見てみましょう。

就職や学力の学生へのサポートが良い大学ランキング

  1. 金沢工業大学
  2. 武蔵大学
  3. 東北大学
  4. 国際教養大学
  5. 明治大学
  6. 立命館大学
  7. 昭和女子大学
  8. 国際基督教大学
  9. 高知工科大学
  10. 産業能率大学
  11. 東京理科大学
  12. 東京大学
  13. 日本大学
  14. 九州工業大学
  15. 新潟大学
  16. 津田塾大学
  17. 福岡工業大学
  18. 東大阪大学短期大学部
  19. 県立広島大学
  20. 東京女子大学
  21. 成蹊大学
  22. 立教大学
  23. 秋田県立大学
  24. 山形大学
  25. 日本女子大学
  26. 美作大学
  27. 成城大学
  28. 名古屋商科大学
  29. 安田女子大学
  30. 聖学院大学
  31. 中村学園大学
  32. 富山県立大学
  33. 近畿大学
  34. 岩手大学
  35. 九州大学
  36. 東京経済大学
  37. 同志社女子大学
  38. 立命館アジア太平洋大学
  39. 学習院大学
  40. 慶應義塾大学
  41. 明治学院大学
  42. 信州大学
  43. 京都大学
  44. 神奈川工科大学
  45. 名古屋大学
  46. 北海道大学
  47. 岡山大学
  48. 聖徳大学
  49. 仙台白百合女子大学
  50. 関西大学
  51. 神戸女学院大学
  52. お茶の水女子大学
  53. 福井大学
  54. 公立はこだて未来大学
  55. 多摩大学
  56. 中央大学
  57. 名城大学
  58. 畿央大学
  59. 小樽商科大学
  60. 福島大学
  61. 筑波大学
  62. 神田外語大学
  63. 鳥取大学
  64. 十文字学園女子大学
  65. 恵泉女学園大学
  66. 東洋大学
  67. 文教大学
  68. 芝浦工業大学
  69. 聖心女子大学
  70. 愛知大学
  71. ノートルダム清心女子大学
  72. 千葉大学
  73. 島根県立大学
  74. 北九州市立大学
  75. 長崎県立大学
  76. 日本工業大学
  77. 敬愛大学
  78. 玉川大学
  79. 東海大学
  80. 東京電機大学
  81. 松本大学
  82. 関西外国語大学
  83. 摂南大学
  84. 桃山学院大学
  85. 大和大学
  86. 奈良大学
  87. 東京工業大学
  88. 一橋大学
  89. 奈良女子大学
  90. 島根大学
  91. 佐賀大学
  92. 大阪市立大学
  93. 東北公益文科大学
  94. 共栄大学
  95. 東京情報大学
  96. 学習院女子大学
  97. 上智大学
  98. 大東文化大学
  99. 中京大学
  100. 同志社大学
  101. 広島文教女子大学
  102. 西南学院大学
最も面倒見の良い大学は金沢工業大学となっていますが、この金沢工業大学は調査開始以来11年連続で1位となっており、学生へのサポートが優れているのは間違いなさそうです。 金沢工業大学の1年生は、自分の行動を記録する就学ポートフォリオを1年間作り、そのポートフォリオに担任教員が返事をする形のサポート体制を取っている様で、これによって大学1年生時の学生の不安を取り除き、今後の学生生活へのサポートを整えるとなっています。 高校時代に苦手だった科目や、理系学生が苦手とするプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力などを磨く授業も行なっており、主体的に目的意識を持っている学生にとっては良さそうです。 この金沢工業大学だけでなく、2位の武蔵大学、3位の東北大学、4位の国際教養大学、5位の明治大学まではポイントが100点を超えており、6位以下とはちょっと違う感じです。明治大学が5位と言うのはちょっと意外でした。 地方の理系大学が多い様な感じとなっていますが、女子大も意外に多い。 やはり目的意識を持っている大学生は気に入れられますよねぇ。

>>就職や学力の学生へのサポートが良い大学ランキングの続きを読む