授業料

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

授業料のタグ

授業料のタグが付いた記事

早稲田大学が入学金、授業料、実験実習料等を全額免除する予約型奨学金制度を導入 

大学進学から卒業まで学生の全ての費用負担免除 2017年度より児童養護施設出身者をサポートする予約型奨学金を新設 https://www.waseda.jp/top/news/40988 早稲田大学が新たな奨学金制度を2017年度から導入するそうです。 大学入学前から奨学金を支給する予約型の奨学金制度が有る事事態知らなかったのですが、結構有りますね。と言っても最近始めた大学が殆どですので、昨今の社会情勢を鑑みた結果の奨学金制度と言った感じです。 ただ、今回の早稲田大学の場合は、入学金、授業料、実験実習料等から諸経費までを入学から卒業までの4年間全額免除と言う凄い奨学金制度です。 4年間全額免除ですよ?更に入学検定料、要は入試のお金も免除です。 まぁ、4年間の全額免除となるには相当な貧困家庭でないと無理だと思いますが、それでも凄いですよね。 大抵の貧困家庭の子供達は、どうせ大学には入れないものと考えてしまいますが、こういった予約型奨学金制度を知っておくと良いかもしれません。 貧困家庭だからといってグレてる場合では無いですね。

>>早稲田大学が入学金、授業料、実験実習料等を全額免除する予約型奨学金制度を導入の続きを読む

低価格ネット予備校が人気、リクルートの受験サプリや秀英iD、e点ネット塾など 

大学の講義をネットで無料で受講する事が出来る事を書きましたが、今や塾や予備校も低価格でネットで学ぶ時代となっています。 昨年辺りからタブレットやスマートフォンでもネット予備校を見れる様にサービスを拡大している所もあります。

リクルートの受験サプリ

リクルート運営の受験サプリは、無料会員登録で月額980円で受講可能。大学のレベル別に何度も繰り返して見れるのが売りとなっています。 テキストもPDFでプリントアウト可能、人気講師も多数在籍している。 【受験サプリ】充実の講義動画 インターネット予備校ぱすたでは、1講座1000円からとなっており、講師が教えたい部分を重点的に配信している。 日本学術講師会運営のe点ネット塾では、月額3500円で有名講師による授業を見ることが出来る。 高校1年生から3年生まで5教科9科目3072タイトルの動画を繰り返して見れるのが売りとなっています。 インターネット自宅学習 e点ネット塾

秀英予備校のネット予備校は秀英iD予備校

秀英予備校が運営する秀英iD予備校では、高3生1講座8000円とちょっと高い授業料設定。 他にはない質問が出来るコミュニケーションボードが設置されており、分からない部分を気軽に聞くことが出来る様になっています。 秀英iD予備校

ネット予備校を利用するメリットとは?

リクルートの調査では、予備校や塾に通えない理由として高額な授業料を挙げている家庭が65%にも上るそうで、こういった低価格でのネット予備校に注目が集まっているそうです。 確かにこれは非常に便利、通う時間も費用もないですし、夜遅くなって怖い目に会うことも、変態塾講師と会う事もないですね。 デメリットとすれば、家という事で逆に集中出来なかったりする事でしょうか? やはり最終的には本人のやる気に任せたいですね。

>>低価格ネット予備校が人気、リクルートの受験サプリや秀英iD、e点ネット塾などの続きを読む

孫への教育資金贈与非課税制度は保育園や学校などが1500万円、塾など習い事は500万円以内 

1日から開始となった孫への教育資金贈与非課税制度ですが、滑り出しは順調な様ですね。 これは孫一人当たり1500万円までが非課税になる制度ですが、それ以外の習い事でも500万円までが非課税となります。 保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校・大学など教育機関に支払う料金が1500万円まで。 入学金や授業料、冷暖房代や遠足費用などが含まれます。 学習塾・予備校や、スポーツ(ピアノや水泳・サッカーなど)教室・英会話・そろばん・習字などと言った習い事が500万円まで。 留学の渡航費用や下宿代、書籍や楽器購入など、教育機関や教室に以外の支払いは非課税にはなりませんので注意が必要です。 非課税を適用するには、信託銀行など金融機関に教育機関への支払いを証明する領収書などを提出する必要があります。 現在、各金融機関に贈与信託商品が販売されていますので、それを利用することで手間が省けるとなっています。 検討している方は、一度お近くの金融機関に相談へしてみましょう。

>>孫への教育資金贈与非課税制度は保育園や学校などが1500万円、塾など習い事は500万円以内の続きを読む