給付型奨学金制度

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

トップページ >

給付型奨学金制度のタグ

給付型奨学金制度のタグが付いた記事

東京都が私立高校授業料を無償化へ、これからの教育は無償化がトレンド? 

東京都が私立高校の授業料を無償化する方針を発表しています。
都が私立高「実質無償化」へ…年収760万未満 東京都は新年度から、私立高校の授業料を「実質無償化」するため、都の給付型奨学金制度を拡充する方針を決め、新年度予算案に約80億円を計上する。 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170118-OYT1T50048.html
これまで東京都では高校迄補助金出す出さないと区毎に異なっていたのですが、これが一律無償化になる予定。 と言っても大学と同じく給付型奨学金制度ですので、誰でもと言う訳では無いです。 しかし、この教育無償化の流れは最近になって加速していると思います。 次々と無償化されていますが、これからの教育は無償化がトレンドなのでしょうか? どこ迄無償化するのか分かりませんが、一応政府は幼稚園や保育所、高校、大学、専門学校の全てを対象としており、義務教育以外でも無償化にしたい様です。
「教育無償化」も…安倍首相が例示 安倍晋三首相が昨年10月、自民党の保岡興治憲法改正推進本部長と会談した際、日本維新の会の憲法改正原案に盛り込まれた「教育無償化」を改憲項目として例示していたことが分かった。複数の両党関係者が明らかにした。 http://mainichi.jp/articles/20170111/k00/00m/010/117000c
一体急にどうしたのか分かりませんが、この無償化が良いのか悪いのかも分かりません。 こう言った話になってくると財源を問われる場合が多いのに、全く財源の問題は言われなくなっていますので、多くの人が賛同しているのでしょう。 でも、これは自治体によって差が出てきてしまい、やはり東京都に集中してしまう様な気がしますけど・・・地方は大丈夫なのでしょうかね。

>>東京都が私立高校授業料を無償化へ、これからの教育は無償化がトレンド?の続きを読む

給付型奨学金を月額3万円、私大下宿生には給付金を上乗せ 

私立下宿生に奨学金給付上乗せ…政府・自民検討  政府・自民党は、返済不要の給付型奨学金について、親元を離れて私立の大学や短大などに通う下宿生に対して給付を上乗せする方向で検討に入った。  負担が大きい世帯への給付を手厚くすることで、世帯間の不公平感をなくすことが狙いだ。 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161103-OYT1T50131.html
返済不要の給付型奨学金制度に関し、月額3万円を給付する事で調整に入っているそうですが、私大へ通う下宿生には給付金を上乗せする事も検討しているとの報道。 給付型奨学金制度の対象となるのは生活保護受給家庭、世帯収入が低い住民税非課税世帯。 現在高校3年生の子供がいるそれら家庭は約16万人・・・ 16万人の内、給付型奨学金制度対象となる成績判定4以上となる高3は1万6000人・・・ ちょっとまって?18歳人口の約10%が生活保護受給家庭、世帯収入が低い住民税非課税世帯の子供なの?しかも成績4以上が16万人の10%しかいないって・・・更に文科省の予測では、対象者は年々増加するとされている・・・財源は・・・決まってない。 そして、今度は給付型奨学金を私大下宿生には上乗せする事も検討されている・・・地方大学は完全に終わる可能性が・・・ 不公平感や不平等感を無くすためとはいえ・・・色々とおかしな点が幾つか有りません?

>>給付型奨学金を月額3万円、私大下宿生には給付金を上乗せの続きを読む

立教大学が返済不要給付型奨学金のセントポール奨学金を新設しました 

【大学受験2017】立教大、首都圏対象の入学前予約・給付型奨学金を新設  立教大学は、2017年度入学を志望する首都圏1都3県の高等学校出身者を対象とした返済不要の給付型「セントポール奨学金」を新設すると発表した。これまで対象外だった首都圏の高等学校出身者に対する入学前予約型の奨学金制度を整える目的。採用候補者数は250名を予定。  「セントポール奨学金」は、入学前予約型の返済不要な奨学金。立教大学への入学を志望する者で経済的理由により入学が困難な受験生に対し入学後の経済支援を行うことを目的としている。一般入試の出願期間中に申請を受け付け、合格発表前に採用候補者を決定、入学後に奨学金を支給する。 http://resemom.jp/article/2016/05/13/31430.html
先日、早稲田大学が返済不要の予約型奨学金制度を創りましたよね。 早稲田大学が入学金、授業料、実験実習料等を全額免除する予約型奨学金制度を導入 http://childup.seesaa.net/article/437381195.html?1463395082 今度は立教大学が返済不要の給付型奨学金制度となるセントポール奨学金制度を新設したそうです。 対象となるのは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の高校出身で有ること。 立教大学は2014年度に首都圏以外の高校出身者を対象とした自由の学府奨学金制度が有りますが、今回のセントポール奨学金制度で首都圏の高校出身者にも窓口を拡大する事にしたそうです。 給付される奨学金は年額40万円、理学部は年額60万円となっています。

>>立教大学が返済不要給付型奨学金のセントポール奨学金を新設しましたの続きを読む

日本学生支援機構の大学奨学金、無利子枠拡大や返済猶予期間延長、延滞金引き下げなどを文部科学省が検討 

奨学金の無利子枠、5万6000人分増やす 文科省方針 http://www.nikkei.com/article/DGXNZO59010950Y3A820C1CR8000/ 日本学生支援機構による大学の学費を貸与する奨学金制度。 大学卒業後就職出来ず返済が滞り、多くの人が滞納額が増加しています。 かなりの滞納額となっており問題が表面化していますが、原因は昨今の経済不況とされています。 そういった背景を鑑みて文部科学省が奨学金返済に関して緩和を検討しているそうです。 無利子枠を5万6000人分に拡大、返済猶予期間を年収300万円の場合に最大5年から10年に延長、延滞金年利10%を5%に引き下げなどを検討しているとの事です。 返済義務のない給付型奨学金制度の導入も検討したが、財政支出の事を考えて今回は見送りとなりました。 大学選びに役立つリクナビ進学 奨学金の返済で生活が厳しい方は、一度問い合わせて見ましょう。 これから奨学金制度を利用する方も良く考えて申請を行いましょう。 まず大学を卒業すれば就職できる訳ではなく、就職したとしても初任給から高額な収入を得ることが出来る訳ではありません。 近年人気の公務員は最も初任給が低い職種である事も知っておくと良いでしょう。

>>日本学生支援機構の大学奨学金、無利子枠拡大や返済猶予期間延長、延滞金引き下げなどを文部科学省が検討の続きを読む