受験生に人気の大学ランキング、人気と実際に入学する大学は別の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> 受験生に人気の大学ランキング、人気と実際に入学する大学は別

受験生に人気の大学ランキング、人気と実際に入学する大学は別

大学通信が生徒に人気の大学ランキングを発表しています。

高校生の受験生に聞いた訳ではなく進学校の「進路指導教諭」に生徒に人気の大学を5校挙げて貰ったと言う所がポイントでしょうかね。
受験生と進路指導教諭に人気の大学ランキングと考えた方が良いでしょう。

生徒に人気の大学ランキング
http://toyokeizai.net/articles/-/179474

  • 1位 明治大学

  • 2位 早稲田大学

  • 3位 青山学院大学

  • 4位 慶應義塾大学

  • 5位 立教大学

  • 6位 法政大学

  • 7位 神戸大学

  • 8位 東京大学

  • 9位 東洋大学

  • 10位 京都大学

  • 11位 同志社大学

  • 12位 東北大学

  • 13位 近畿大学

  • 14位 関西大学

  • 15位 九州大学

  • 15位 立命館大学

  • 17位 名古屋大学

  • 18位 日本大学

  • 19位 筑波大学

  • 20位 上智大学

  • 21位 岡山大学

  • 22位 北海道大学

  • 22位 関西学院大学

  • 24位 大阪大学

  • 25位 千葉大学


どうやら女子人気によって東大や京大、早慶や一橋などよりも合格しやすいMARCHの人気が高まっており、特に明治大学に人気が集中した結果となっています。

国立大学よりも私立大学の人気が高いのも、やはり受験科目が少なく、AO入試など複数の受験が用意されているからと思います。要は合格しやすい。
そのおかげ?かどうか分かりませんがMARH、関関同立、東洋大や近畿大の人気が目につきます。
あとは殆ど18歳人口が多い順になってしまうのでは無いでしょうかね?

地元の大学への進学率は愛知県、北海道、東京都、福岡県が高くなっているデータは学校基本調査で分かり、人気と実際に入学する大学は別物となっています。

18歳人口が多い沖縄県は大学進学率が都道府県で低いですが地元大学進学率がそこそこ高く、半数以上が沖縄県の大学に進学しています。

長野県は地元進学率は最下位に近いですが、信州大学は人気ランキングで31位と上位に入っており、なかなか面白いですね。

で、ここから地元就職率にどの様に繋がっているのか知りたいのですが・・・高卒の地元就職率は公表されているものの、大学などの地元就職率は公表されていないと言う・・・。
タグ: