タイムズ・ハイヤー・エデュケーションがアジアとオセアニアの大学ランキングを発表の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> タイムズ・ハイヤー・エデュケーションがアジアとオセアニアの大学ランキングを発表

タイムズ・ハイヤー・エデュケーションがアジアとオセアニアの大学ランキングを発表

カテゴリ:学校・受験・就職  
世界大学ランキングで日本でも有名となったTHE(タイムズ・ハイヤー・エデュケーション)が、東アジア、東南アジア、オセアニアの38カ国を対象とした大学ランキングを発表しています。

THE Asia-Pacific University Rankings 2017
https://www.timeshighereducation.com/student/best-universities/best-universities-asia-pacific-region-2017

  • 1位 シンガポール国立大学(シンガポール)

  • 2位 北京大学(中国)

  • 3位 メルボルン大学(オーストラリア)

  • 4位 清華大学(中国)

  • 5位 南洋理工大学(シンガポール)

  • 6位 香港大学(香港)

  • 7位 香港科技大学(香港)

  • 8位 オーストラリア国立大学(オーストラリア)

  • 9位 東京大学(日本)

  • 10位 クイーンズランド大学(オーストラリア)

  • 11位 シドニー大学(オーストラリア)

  • 12位 モナシュ大学(オーストラリア)

  • 13位 KAIST(韓国)

  • 14位 ソウル大学校(韓国)

  • 15位 浦項工科大学校(韓国)

  • 16位 ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)

  • 17位 香港中文大学(中国)

  • 18位 香港城市大学(中国)

  • 19位 西オーストラリア大学(オーストラリア)

  • 20位 アデレード大学(オーストラリア)


アジア・オセアニア地域のみの大学ランキングはTHEでは初めてですが、アジアと中東などは少し前に発表しており、評価基準はTHE世界大学ランキングと同じなので特に意味は無さそうですね。

THE世界大学ランキング2016-2017では東京大学よりも順位が下だった幾つかの大学が上位に来ていますので、THE世界大学ランキング2017-2018では日本の大学は順位が下落しそうです。

留学生が過去最多になっていますが、こうして見ると何で日本の大学に来るんだろう?とちょっと不思議に思ってしまう部分も有りますね・・・学術・研究と言うよりも・・・
タグ:タイムズ・ハイヤー・エデュケーション 世界大学ランキング