早稲田塾11校閉鎖、大学淘汰時代と予備校淘汰時代到来?の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

英語・英会話・学習塾

> 早稲田塾11校閉鎖、大学淘汰時代と予備校淘汰時代到来?

早稲田塾11校閉鎖、大学淘汰時代と予備校淘汰時代到来?

「早稲田塾」首都圏11校閉鎖へ…少子化で苦戦

 学習塾を展開するナガセは6日、大学受験予備校「早稲田塾」の23校舎のうち、首都圏の11校を8月末をめどに閉鎖すると発表した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170606-OYT1T50100.html

早稲田塾を運営するナガセが、早稲田塾の11校舎を閉鎖する事を発表しました。

閉鎖する校舎は秋葉原、本八幡、松戸、川口、所沢、川越、大宮、金沢文庫、川崎、立川、八王子の11校舎で、今後は池袋校、四谷校、大崎品川校、吉祥寺校、自由が丘校、町田校、新宿校、青葉台校、藤沢校、横浜校、柏校、津田沼校の12校となります。

現在閉鎖する校舎に在籍する学生は近隣の校舎へ移る事を推奨しているとのこと。
夏期講習前にサッサと移った方が良さそうですね。

以前代々木ゼミナールが20校閉鎖して話題となりましたが、早稲田塾も少子化の影響で厳しい様です。
2018年は大学淘汰時代と言われていますが、同時に予備校淘汰時代の到来ですね。
駿台予備校と河合塾が閉鎖し始めたら確実だと思われる・・・

何か、こうなってくると授業料の値上げとか有りそうですが、スタディサプリとかのインターネット学習塾とかは好調となっていますので、少子化の影響も有りますが、新たな学習塾や学習方法の台頭が要因の一つに挙げられるのでは無いでしょうか?

何気に予備校や学習塾もインターネット動画で講義を行うパターンも増えていますので、多分そうなのでしょうね。

しかも、大学淘汰時代で学生集めに必死な大学が簡単に学生を入学させる可能性も否定出来ない訳で、超難関大学以外は浪人生自体が居なくなる可能性も有ります。

色々と前途多難ですが、少人数制の方が良い場合も有りますから、そんな悲観的になる必要も無いかも知れない。
タグ:早稲田塾