通勤ラッシュの満員電車解消に向けて時差出勤の時差Bizを実施するらしいの詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

健康・遊び・玩具

> 通勤ラッシュの満員電車解消に向けて時差出勤の時差Bizを実施するらしい

通勤ラッシュの満員電車解消に向けて時差出勤の時差Bizを実施するらしい

カテゴリ:健康・遊び・玩具  
通勤ラッシュ緩和に時差出勤など 7月に集中実施

朝の通勤ラッシュの緩和に向け、東京都や企業などで作る協議会の初会合が開かれ、出勤時間に時差を設けるなど、快適な通勤に向けた取り組みを7月に集中的に実施することになりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170428/k10010964941000.html

東京都が通勤ラッシュの満員電車解消への取り組みとして、時差出勤の時差Bizを7月11日から2週間集中的に実施すると発表しています。

通勤ラッシュの満員電車解消として時差出勤とか・・・もう何十年も前から実施している様な気がしますが・・・多分全く意味ないと思われる。

企業と共同で実施とありますが、企業を地方に移転する事で満員電車は解消できますけどね。

大学の定員増加申請を急に認めない方向となりましたが、流石に企業を強制的にどうこう出来るわけでも無いですからねぇ。

東京23区の大学定員増加は認めない方向へ、急にどしたの?

時差出勤なんて東京五輪時とか全く意味無いですから、根本的に解決するにはヤッパリ地方移転しか無いと思います。

大学も企業も東京に一極集中して、高い家賃払って、満員電車で通勤して、子育てとか言っている場合じゃ無いですよね。

結局のところ企業の地方移転をするべきですが、企業の地方移転を勧めると東京都の税収が減ってしまいますから、違う方法で・・・と言う事でしょう。
タグ:通勤ラッシュ 満員電車 時差出勤 時差Biz