大学生向け時間割管理アプリOrarioの安全性よりラクタンの方が問題では?の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> 大学生向け時間割管理アプリOrarioの安全性よりラクタンの方が問題では?

大学生向け時間割管理アプリOrarioの安全性よりラクタンの方が問題では?

カテゴリ:学校・受験・就職  
大学時間割アプリOrarioの安全性に関する公式見解

大学生向け時間割管理アプリ「Orario」を運営する株式会社Orario(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:芳本 大樹、以下 Orario)は、自社のアプリ「Orario」の安全性に関する公式見解を公表しました。

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000003.000023326&g=prt

大学生向け時間割管理アプリOrarioに関する安全性が問題となっていますね。

始めて聞いたアプリですが、大学が発行する学生IDとパスワードを他に流用する事が問題となっており、最近はサイバー攻撃で個人情報流出が多発している大学側としては使うなと言う以外に無いでしょう。

しかし、このOrarioを調べて行くとラクタンと言うアプリも制作している様です。

このラクタンと言うアプリは、大学の授業の単位を学生同士で手軽に売買できるC2Cマーケットアプリと説明されており、こう言ったアプリを作っている企業は信用ならない事は仕方無い。

大学の単位を個人間で売買できるアプリ【ラクタン】を大学履修管理アプリを運営するOrarioがリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000023326.html

このラクタンで取引した学生の情報を大学側へ提供するならば信用されるでしょうけど、しないでしょうねぇ。
※4/1はエイプリルフールです。お付き合いいただきありがとうございます。
実際にこんなサービスあったらいいなと思い、企画しました。

こんなキレタ後に上記の様な記載を見つけ、Orarioには大変迷惑をかけてしまい申し訳有りませんでした。
安全性に問題が無い事を願っています。
タグ:Orario ラクタン