教員による猥褻行為が尋常じゃ無い程に多い、京都府教育委員会も呆れる・・・の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

育児・子育て

> 教員による猥褻行為が尋常じゃ無い程に多い、京都府教育委員会も呆れる・・・

教員による猥褻行為が尋常じゃ無い程に多い、京都府教育委員会も呆れる・・・

カテゴリ:育児・子育て  
最近のニュースとして学校に関連する問題が多い印象が有ります。

毎日の様に垂れ流される森友学園問題に始まり、教員による学生への猥褻行為も毎日の様に発覚しています。

京都府内の教員が猥褻で処分されたケースは2016年度だけで8人となっており、京都府教育委員会も「わいせつのケースが多すぎる。教諭の生徒との距離感、モラルに問題がある。生徒も含めて全体の指導も考えた方がいい」と呆れてしまっている。

京都府だけでなく全国的発覚しており、このまま行くとマトモな教員も変な目で見られかねません。かと言って何か画期的な対処方法が有る訳でもなく・・・どうすれば良いの?

やっぱり処分が甘いと言う部分は有るのでは無いでしょうか。
わいせつ教員だけでなく、日本は性被害に対して甘いと言われています。

性犯罪厳罰化に向けて刑法改正案が閣議決定されましたが、もうサッサと施行した方が良いと思われる。
タグ:性犯罪厳罰化 刑法改正