森友学園の瑞穂の国記念小学院を巡る問題が多過ぎて逆に良く分からないの詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> 森友学園の瑞穂の国記念小学院を巡る問題が多過ぎて逆に良く分からない

森友学園の瑞穂の国記念小学院を巡る問題が多過ぎて逆に良く分からない

カテゴリ:学校・受験・就職  
大阪府、森友学園の要望後に基準緩和 小学校認可巡り

学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)が建設中の小学校を巡り、大阪府が同学園から要望を受けた後の2012年に私立小学校の設置認可基準を緩和していたことが28日、分かった。基準緩和後の認可申請はこれまで同学園のみという。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H5A_Y7A220C1CC0000/

学校法人森友学園が建設中の小学校、瑞穂の国記念小学院。

その瑞穂の国記念小学院を巡る問題が報道されているのですが・・・多過ぎて逆に良く分からない。

国有地売却に始まり、安倍昭恵夫人が名誉校長就任やら廃棄物処理法違反だったり、運動会で「安倍首相頑張れ」と選手宣誓していたなどなど・・・そして今度は私立小学校設置認可基準を緩和。

こうやって次々と怪しい情報が出てくると言う事は怪しいのでしょうね。

この中で最も問題と思うのは、森友学園だけの為に私立小学校設置認可基準を緩和した疑惑。

もし便宜を図っていたとしたら、文科省職員による天下りを批判出来ない。もっと悪質。

ちょっと最近、学校法人など教育に関わる問題が多過ぎて嫌になりますね。

そんなに儲かるのでしょうか?こんなに問題が発覚して通いたい人が居るのかも疑問。
タグ:森友学園 瑞穂の国記念小学院