神戸の人口減少は大阪への流出、その大阪から東京へ流出する日本の流れ・・・の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

育児・子育て

> 神戸の人口減少は大阪への流出、その大阪から東京へ流出する日本の流れ・・・

神戸の人口減少は大阪への流出、その大阪から東京へ流出する日本の流れ・・・

カテゴリ:育児・子育て  
とまらぬ人口減少で神戸市がジリ貧!? ライバル福岡市に追い抜かれ出遅れ感満載

神戸市の人口減少が止まらない。平成27年国勢調査(速報値)で、人口は153万7860人となり、福岡市(153万8510人)に抜かれ、政令市として6位に転落した。

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170205/cpd1702051305001-n1.htm

神戸市の人口がジリジリ減少しており、福岡市にも抜かれています。

これは前回の国勢調査で明らかになっていますので、特に驚きは無いですね。

国勢調査で大阪市は増加も大阪府では人口減少、毎年東京に10万人流出と松井知事

しかも大阪へ人口が流出している事が原因とか・・・その大阪から東京へ人口が流出しているのですが・・・何でしょうかね今頃。

しかし、この神戸市の例は地方企業や地方大学にとっては良い分析対象となりそうです。

何しろ神戸市以上に人口減少になっている地方都市は多く、大学や企業誘致で若者を呼び込もうと躍起になっていますから。

神戸市はオシャレな都会的なイメージで、実際に神戸市の一部は若い人達で賑わっています。大学も多く有りますし、企業も世界的な国内企業も外資系企業も近くに有ります。

な・の・に・人口減少している訳で、大学や企業誘致で地方の活性化は難しいと言うコトになります。

神戸では山口組や凶悪な若者の事件が多発してイメージが悪化したからと言う意見も有りますが、福岡市も似た様なものですよね?な・の・に・抜かれている。

記事では福岡市が神戸市を抜いた理由の一つとして、福岡市は50社以上の企業誘致をしたからと書いていますが、前述の通り神戸市に有る企業の知名度と規模は比較にならない程にデカイ。な・の・に・抜かれている。

国勢調査の投稿でも書きましたが近畿地方全体で不味い事になっているのです。何をしても人口減少に歯止めがかからない。

何の魅力も無く観光に行く必要無しと言う結果になった名古屋市は人口が増加しており、この違いは何でしょうかね?
雪深く、神戸に比べると大学も企業も少ない札幌も人口が増加しており、この違いは何でしょうかね?

阪神淡路大震災での人口減少は回復していますから、南海トラフ地震予測の影響でしょうか・・・近畿地方だけ人口減少ですからそう言う事なのかも知れません。
タグ:神戸人口減少