中学受験は小5から小6の最初迄に決める、試し受験もダブル出願も余裕でするし併願も3校が最多の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> 中学受験は小5から小6の最初迄に決める、試し受験もダブル出願も余裕でするし併願も3校が最多

中学受験は小5から小6の最初迄に決める、試し受験もダブル出願も余裕でするし併願も3校が最多

カテゴリ:学校・受験・就職  
【中学受験】第1志望校の決定時期、約半数は小5から小6初旬

約半数の中学受験生が第1志望校を小学5年生から小学6年生の初旬までに決定していることが、中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」が実施したアンケートにより明らかになった。

http://resemom.jp/article/2017/01/05/35762.html

お受験の範囲に入るかどうか分かりませんが、中学受験の傾向は今も昔も変わっていない様子。

アンケート調査で分かったのは、75%は試し受験するし、ダブル出願も46%はするし、併願は3校が37%で最多となっています。

更に、第1志望の中学校を決定するのは、大体小学校5年生から6年生になる位迄に決めている。

これは私の時代でも同じでした。

何しろ受験と言っても子供はまだ小学校高学年で、中学受験が何なのかすら分かっていなかったと思います。何か適当に「この学校に行きたい」とか言っていましたが具体的な理由は有りませんでした。

私の意見は置いておいて、子供に選ばそうとしたが埒があかなかったのは良く覚えています。

と言うことで前述の通り、幾つかの受験校は決定しておき、ギリギリまで考える戦法。

後々分かった事ですが、周囲の受験家庭も同じ様な事しており、えっ?あんたのとこも?と言う感じでしたねぇ。

当初は優柔不断は誰に似た?と思いましたが、今考えると幾つも行きたいと思える学校があった方が良かったです。合否に関係なく精神的に楽・・・

ちなみに試し受験は落ちましたが第1・2・3志望校は受かりましたとさ・・・やっぱり慣れかも知れませんね。
タグ:中学受験 試し受験 ダブル出願 併願3校