日本死ねと滋賀県彦根市の神社や祠に落書きされる事件が発生、凄いタイミングで流行語大賞を狙っているの詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

育児・子育て

> 日本死ねと滋賀県彦根市の神社や祠に落書きされる事件が発生、凄いタイミングで流行語大賞を狙っている

日本死ねと滋賀県彦根市の神社や祠に落書きされる事件が発生、凄いタイミングで流行語大賞を狙っている

カテゴリ:育児・子育て  
「日本死ね」 彦根市内の神社などに落書き多発

滋賀県警彦根署は15日、彦根市尾末町の県護国神社など市内14カ所の神社や祠(ほこら)などに「日本死ね」などの落書きが見つかったと発表した。器物損壊容疑で捜査している。

http://www.sankei.com/west/news/161116/wst1611160013-n1.html

前回投稿で、2016年の新語・流行語大賞に保育園落ちた日本死ねがノミネートされていると書きました。

保育園落ちた日本死ねよりも保育所建設反対の方が流行った様な気もしますが・・・2016年の新語・流行語大賞
http://childup.seesaa.net/article/444140376.html

この凄いタイミングで、滋賀県彦根市の神社や祠に「日本死ね」と落書きが発見されており、器物損壊罪の容疑で警察が捜査をしています。

もう、この時点でノミネートされてはいけない言葉と分かるのですが・・・選考委員は大丈夫でしょうか。かなり攻撃的な人達の中で流行っているのでしょうかね?

神社の由来を記した看板にもバツマークを付けているそうです。

新語・流行語大賞は誰も興味無くても、大々的に報道される訳ですから、こんなイジメを助長する言葉をノミネートなんてしてはならないのです。滋賀県と言う所も色々有りましたよね。
タグ:新語・流行語大賞 滋賀県彦根市に落書き