2016年度全国学力テストの都道府県別成績を発表、試験開始から10年目で正答率格差が無くなり学力の底上げ効果の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> 2016年度全国学力テストの都道府県別成績を発表、試験開始から10年目で正答率格差が無くなり学力の底上げ効果

2016年度全国学力テストの都道府県別成績を発表、試験開始から10年目で正答率格差が無くなり学力の底上げ効果

カテゴリ:学校・受験・就職  
2016年度の全国学力テストの都道府県別成績が発表されています。

以前にも学力テストを取り上げましたが、その時は平成25年度ですので3年前の都道府県別成績となりますね。

平成25年度全国学力テストの都道府県別成績を発表、秋田県がトップで沖縄県が最下位
http://childup.seesaa.net/article/373268270.html

この時はまだ沖縄県がワーストを突っ走っており、この後に学力テスト対策などをして問題となる。

沖縄県だけでなく静岡県や大阪府でも学力テストの成績で問題が発生。

静岡県知事が学力テスト下位学校の校長名公表を提言、県教育委員会に反対される
http://childup.seesaa.net/article/374887945.html

学力テストを内申点評価・高校入試への利用禁止
http://childup.seesaa.net/article/431214184.html

そんなこんなで学力テスト開始から10年目となる2016年度の学力テスト都道府県別成績は以下の通りとなっています。

全国学力テストの都道府県別平均正答率(%)と順位
http://www.sankei.com/west/photos/160930/wst1609300025-p1.html

学力テスト都道府県別ランキング(小学校)
国語A
1位 石川県
2位 広島県
3位 青森県・秋田県
4位 高知県
5位 福井県
国語B
1位 秋田県
2位 石川県
3位 福井県
4位 愛媛県
5位 富山県・広島県
算数A
1位 石川県・福井県
2位 秋田県
3位 沖縄県
4位 富山県・愛媛県
5位 青森県・高知県
算数B
1位 石川県
2位 秋田県
3位 福井県
4位 富山県
5位 東京都

学力テスト都道府県別ランキング(中学校)
国語A
1位 秋田県
2位 石川県
3位 富山県
4位 福井県
5位 群馬県
国語B
1位 秋田県
2位 石川県
3位 富山県
4位 福井県
5位 静岡県
数学A
1位 福井県
2位 秋田県
3位 兵庫県
4位 石川県
5位 富山県
数学B
1位 福井県
2位 富山県
3位 石川県
4位 秋田県
5位 静岡県・愛媛県

北陸3県の石川県、福井県、富山県と秋田県は相変わらず学力上位となっていますね。

しかし、3年前時点での学力テストでの正答率の地域格差は縮まっており、以前の様に圧倒的に学力が低い地域は無くなりました。学力の底上げも進んだと見られています。

学力の底上げが進んでも正答率が低かった問題も有ります。

小学校算数A/9(2)の百分率の問題は正答率51.2%、中学校国語A/9(1)の「ドクソウ的な考え」を漢字で書く問題は正答率27.3%。

独創的、算数は悪くて正答率50%以上ですが、国語は現代社会のスマートフォン時代の影響からか漢字を書けない子供は非常に多くなっています。更に略して文章を書くことが多くなっており、国語の学力低下は危惧する処ですね。

さて小学校の学力テスト成績に関しては、正答率で格差は殆ど有りません。しかし中学校の数学では正答率で微妙に格差は出ています。沖縄県は小学校の算数正答率は高いのですが中学校の数学正答率が著しく低い。特に数学Bでは全都道府県の中で唯一30%台の正答率。数学Bでも唯一55%以下となっています。

地域格差は無くなったが小中格差が生じてしまいましたね。
タグ:2016年度全国学力テスト 学力テスト都道府県別ランキング 正答率ランキング