高等学校等就学支援金制度で授業料を安くしてみようの詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> 高等学校等就学支援金制度で授業料を安くしてみよう

高等学校等就学支援金制度で授業料を安くしてみよう

カテゴリ:学校・受験・就職  
中学3年生はそろそろ進路を決め始める頃ですが、皆さん国公立・私立の何れかの高校へ進学すると思います。

高校へ進学するにあたり、高等学校等就学支援金制度を利用して授業料を減額してもらいましょう。

中学で支援金が出るのは知っているが、高校で支援金が出る事を知らない親は結構いらっしゃいます。実は2014年4月から始まった高等学校等就学支援金制度で国公立・私立問わず授業料の支援を受け取る事が出来る様になりました。

国立高等学校、国立中等教育学校の後期課程は月額9600円。
公立高等学校(定時制)、公立中等教育学校の後期課程(定時制)は月額2700円。
公立高等学校(通信制)、公立中等教育学校の後期課程(通信制)は月額520円。
国立・公立特別支援学校の高等部は月額400円。
上記以外の支給対象高等学校などは月額9900円。

私立高等学校、私立中等教育学校の後期課程、私立特別支援学校、国立・公立・私立高等専門学校、公立・私立専修学校、私立各種学校については、世帯の収入に応じて月額9900円を1.5〜2.5倍に加算した額が支給されます。

4月に入学する時に受給資格認定申請書、市町村民税所得割額が確認できるもの(市町村民税税額決定通知、納税通知書、課税証明書等)の提出が必要となります。

一般的な進学先である公立高校、私立高校ともに結構な額を支援してくれますので、来年度から高校進学するお子さんが居る家庭は準備をしておきましょう。

あっそうそう、世帯年収が約910万円以上の家庭は対象外となります。

世帯年収910万円ギリギリでアウトの家庭は「ふるさと納税」で調整しましょう。
タグ:ふるさと納税 授業料支援 高等学校等就学支援金制度