年齢別の交通事故件数で7歳が圧倒的に多い、小学1〜2年生の子供は注意の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

健康・遊び・玩具

> 年齢別の交通事故件数で7歳が圧倒的に多い、小学1〜2年生の子供は注意

年齢別の交通事故件数で7歳が圧倒的に多い、小学1〜2年生の子供は注意

カテゴリ:健康・遊び・玩具  
7歳の交通事故、突出…小学入学で単独行動増加
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00050078-yom-soci

交通事故の件数を年齢別に見てみると、小学1〜2年生となる7歳が他の年齢に比べて圧倒的に多くなっています。

保護者と離れて行動する機会が増え、身の危険を察知できるようになるまでの10歳あたり迄の時期に交通事故が急増していると推測されています。

この7歳が多いのは以前からとなっていますので、小学校へ入学前後の子供の行動は注意深く見る必要があります。

特に最近では小さい子供にもスマートフォンを持たせる家庭がいらっしゃいますから、いかにながら歩きが危険かを子供に教えなければなりませんね。

ながら以外でも子供は突発的に行動しがち。

安全確認の習慣をシッカリと教え込みましょう。
タグ:交通事故件数 7歳の交通事故 小学1〜2年生の子供