年収590万円未満の世帯に対し私立小中学校の授業料を補助する方針の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> 年収590万円未満の世帯に対し私立小中学校の授業料を補助する方針

年収590万円未満の世帯に対し私立小中学校の授業料を補助する方針

カテゴリ:学校・受験・就職  
私立小中授業料を補助=来年度から最大14万円―文科省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00000166-jij-pol

来年度から私立小中学校へ入学する児童・生徒に対して、年収590万円未満の世帯を対象に授業料を補助する方針を文部科学省が決めたそうです。

補助金の額は、年収が250万円未満が14万円、250万円以上350万円未満が12万円、350万円以上590万円未満が10万円となっています。私立の平均の年間授業料は小学校で約43万円、中学校で約41万円。

何故私立小中学校の授業料を補助するのか分かりませんが、私立高校での授業料補助が有るので、それに合わせた感じとなっています。少子化による私立校の救済とも感じますけどね。

しかし、公立でイジメを受けて私立へ、私立へ行ったが経済的理由で中途退学などのセーフティーネットにはなりません。イジメは公立だけでは有りませんし、私立中退したら公立へ行けば良い話。

私立校への補助を訴えていたのは、日本私立小学校・中学高等学校連合会や私立小中高保護者連合会などとなっており、やはり少子化による私立救済かも知れませんね。
タグ:私立小中学校授業料補助