体育会系のスポーツ経験者で一緒に働きたいのは団体競技か個人競技か?の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> 体育会系のスポーツ経験者で一緒に働きたいのは団体競技か個人競技か?

体育会系のスポーツ経験者で一緒に働きたいのは団体競技か個人競技か?

カテゴリ:学校・受験・就職  
「チームor個人」働きやすいのはどちらの競技経験者?
もしかしたらそれは、学生時代にどんなスポーツを経験してきたかが関係しているかもしれない。とはいえ、一口にスポーツ経験といっても「団体競技」か「個人競技」かによって、求められる思考は異なるもの。では、若手のビジネスマンたちは、どちらの競技経験者の方が一緒に働きやすいと思うのか。20〜30代の会社員男性133人にアンケートを行った。
http://news.livedoor.com/article/detail/11884524/

リオデジャネイロ五輪でメダリストが続々と誕生していますが、日本代表選手は体育会系のスポーツ経験者で有る事は間違い無いですよね。

体育会系の学生は就活でも有利と良く言われていますが、体育会系専門の就活サイトや転職サイトも有る様に、やはり体育会系スポーツ経験者は仕事に役立つのでしょうかね。

体育会出身者のための転職支援サービス「スポナビキャリア」

体育会系に特化した人材支援サイト「アスリート就職ナビ2017」

スポーツにも色々有りますが、団体競技と個人競技のどちらのスポーツ経験者と一緒に働きたいか?と言うアンケートをとった結果が発表されています。

チーム競技経験者が75.2%、個人競技経験者が24.8%。

1位はサッカー、2位は野球、3位バスケ・バレー、5位にラグビーとなっています。

個人競技のみでは1位水泳、2位テニス・マラソン、スキー、剣道、陸上、ゴルフとなっています。

単純に知っているスポーツ競技を挙げただけの様な気もします。

しかし、スポーツ経験者のイメージは総じて良いのは分かりますね。

本人は意識しなくとも周囲のイメージが良いのはプレッシャーですが、確かに就職は有利そうですね。
タグ:体育会系就活 個人競技 団体競技 スポーツ経験者就活 スポナビキャリア アスリート就職ナビ 体育会系専門就職サイト 体育会系専門転職サイト