共働きで世帯年収800万円を目標に主婦も再就職やパートをしてみるの詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

学校・受験・就職

> 共働きで世帯年収800万円を目標に主婦も再就職やパートをしてみる

共働きで世帯年収800万円を目標に主婦も再就職やパートをしてみる

カテゴリ:学校・受験・就職  
年収600万の男性を探すより現実的!共働き夫婦が目指すべき世帯年収は

結婚するなら経済的に安定している人がいい!そんなふうにもう人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、身の丈に合った暮らしや日常のなかから幸せをみつけるゆとり世代。堅実な生活を望んでいますが、必要以上に高い年収を求めるわけではありません。

年収600万円の男性との結婚を望むよりも、世帯年収をアップさせるほうがずっと現実的です。いったいいくらくらいあれば余裕のある暮らしを送ることができるのでしょうか?

http://news.livedoor.com/article/detail/11781256/

先日、世帯平均年収に関しての投稿をしましたが、皆さんの世帯年収は幾らほどでしょうか?

世帯平均年収は全世帯平均年収541万9000円、高齢者世帯平均年収297万3000円、子育て世帯平均年収712万9000円
http://childup.seesaa.net/article/440170313.html

児童のいる子育て世帯の平均世帯年収は712万9000円となっており、共働き主婦の平均年収は大体200万円から300万円程度と推測する事がデータから分かります。

子供が1人で世帯年収が700万円だと意外と余裕ですが、子供が2人以上となると結構厳しくなります。最近では子供の人数に応じて助成金・補助金も有りますが、それだけではちょっと賄えない部分も出てきます。いや、実際には大丈夫でも将来の事は分かりませんので不安なのですよね。

では、一体世帯年収が幾らで有れば家計に余裕が出てくるのでしょうか?

記事では世帯年収800万円で有れば家計にも余裕が出てくると書かれています。世帯年収800万円で有れば子供2人を大学迄行かせる事が出来るとなっています。

20〜30代男性の平均年収は393万円だそうですので、夫の年収だけでなく共働きで世帯年収を増やさなければなりません。急に夫の年収が上がる訳では無いですから、主婦でも年収350万円程欲しいわけです。

労働時間の減少でパートの給料も減少、アルバイトや再就職は早めにした方が良い?
http://childup.seesaa.net/article/439906577.html

主婦の再就職やアルバイト・パート求人情報は上記ページを参考にするとして、主婦は幾らくらい稼げば良いかは夫の収入による訳ですね。

何も20代夫婦の時点で世帯年収800万円で有る必要は無く、最初は夫婦で年収350万円づつの世帯年収700万円。そこから30代迄に昇給や転職で世帯年収800万円を目標にしていくと良いですね。

そう考えると、何故貧困家庭が多いのか理由が分かります。

出来ちゃった結婚の場合、世帯年収は夫の年収のみになり、その後の計画を早急に考えなければならないが・・・考えてない。もう一つは離婚によるシングルマザーとなってしまった場合ですよね。離婚相手から慰謝料たんまり貰えるなら別ですが、離婚相手も低収入で慰謝料すらなかったり、女性側が問題で離婚だったり、そもそも結婚すらしてなかったパターン。

上記の様な家庭が増えているのはご存知の通りです。芸能人など有名人が出来ちゃった結婚や離婚でのシングルマザーになるのは経済的に余裕が有るからですので、感化されてはいけません。

ちなみに、男性で年収600万円以上を稼ぐ人は男性人口の8%程度で、そのうち独身ともなると非常に少ない。年収800万円以上の男性ともなると日本人口の4%で、そのうち独身となると・・・
タグ:共働き世帯年収 世帯年収平均 主婦の再就職 主婦のアルバイト・パート