関東首都圏で取水制限引き上げの可能性、子供のいる家庭は水宅配で飲料水確保用意の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

健康・遊び・玩具

> 関東首都圏で取水制限引き上げの可能性、子供のいる家庭は水宅配で飲料水確保用意

関東首都圏で取水制限引き上げの可能性、子供のいる家庭は水宅配で飲料水確保用意

カテゴリ:健康・遊び・玩具  
利根川水系ダムの貯水量、過去2番目の少なさ 節水呼びかけ

 国土交通省関東地方整備局は20日、10%の取水制限が続く利根川水系のダム8カ所の渇水について「農業用の需要が高まる時期を控え、予断を許さない状況。取水制限を20%に引き上げる可能性もある」とし、節水を呼びかけた。

 首都圏の水がめである8つのダムの合計貯水量は一時、50%を割り込んだが、7月に入ってからの降雨で55%まで回復したという。ただ、20日時点の貯水量は1億8904万立方メートルで過去2番目に少なく、深刻な水不足に陥った1994年と同水準。同局は「降水量が少ない状態が続けば急激な低下もありえる」としている。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H8W_Q6A720C1CR8000/

今日は雨模様の関東・首都圏ですが、なかなかダムの有るエリアでまとまった雨が降りません。

先日も局地的に大雨となりましたがダム周辺ではそうでもなかった為、僅かしか貯水率は回復しませんでした。

現在、関東・首都圏では10%の取水制限している様で、工業用水は取水制限の対象となっているそうです。

しかし、このままダムの渇水が続くと取水制限を引き上げる可能性があると国土交通省が発表しており、各家庭にも節水を呼びかけています。

貯水量は1994年夏の水準と同じとなっており、学校の水道が止まり水筒持参、家庭の水道水のでが悪くなる可能性が有ると言う事になりますね。

大人の我々は大丈夫・・・では無いな・・・熱中症にも注意しなければなりませんし、高齢者や小さい子供がいる家庭は水の宅配やウォーターサーバーなどで飲み水は確保しておいた方が良いかも知れません。

ウォーターサーバーなど水の宅配会社の一覧ページが有りましたので、比較参考にして見ましょう。

関東首都圏で水不足の可能性、水はウォーターサーバーで確保しておく?水宅配一覧で比較してみる
http://blog.livedoor.jp/tokyobig_site/archives/2327377.html

赤ちゃんは特に注意しなければなりませんが、何気に赤ちゃんのいる家庭はウォーターサーバー設置している家庭が多いそうです。

ウォーターサーバー各社も赤ちゃん用の水を売りにしている会社も有りますので、比較してみると良いですね。

しかし、プールが中止となると色々と計画が・・・
タグ:関東首都圏取水制限 利根川水系ダム貯水率 水の宅配 ウォーターサーバー プール中止