育児給付金を最長2年間へ延長、保育所建設出来ないなら自宅で保育の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

育児・子育て

> 育児給付金を最長2年間へ延長、保育所建設出来ないなら自宅で保育

育児給付金を最長2年間へ延長、保育所建設出来ないなら自宅で保育

カテゴリ:育児・子育て  
育児休業中に給付される育児給付金を、従来の1年半から2年間へ延長する改正法案を提出する事が分かったそうです。

<育児休業>最長2年 政府、改正法案提出へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000094-mai-pol

待機児童が増え続けているにも拘らず保育所建設に反対され、全く待機児童も減っていない状況に対処する感じですね。

現行では子供が1歳になるまで育児休業を利用でき、育児給付金も1年間受け取る事が出来ます。

保育所へ入れなかった場合は半年間延長が可能。

しかし、1年半待っても保育所へ入れない家庭が多くなっており、保育所へ入れず、止む無く仕事を辞めて自宅で子育てする家庭が多いので今回の改正法案となった様子。

財源に関してはウーンと言う感じですが、これはもうやるしか無いでしょうね。
タグ:育児給付金期間延長 待機児童 育児休業期間