川崎病の研究に遺産1億7000万円を寄付した女性実業家、原因不明の小児急性熱誠皮膚粘膜リンパ節症候群の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

健康・遊び・玩具

> 川崎病の研究に遺産1億7000万円を寄付した女性実業家、原因不明の小児急性熱誠皮膚粘膜リンパ節症候群

川崎病の研究に遺産1億7000万円を寄付した女性実業家、原因不明の小児急性熱誠皮膚粘膜リンパ節症候群

カテゴリ:健康・遊び・玩具  
川崎病研究に遺言で1億7000万円の寄付 全財産そっくり・・・横須賀市の女性実業家

日本で多発する小児の病気・川崎病の研究に役立ててほしいと、遺産1億7000余万円の寄付があり、関係者を感激させている。

受け取った特定非営利法人日本川崎病研究センター(東京都千代田区、川崎富作理事長) が2016年6月4日に開いた総会で報告した。

http://news.livedoor.com/article/detail/11630129/

原因不明の小児急性熱誠皮膚粘膜リンパ節症候群、通称川崎病。

乳幼児が発症しやすい病気で、現在日本国内で1万人以上が川崎病にかかっているとなっています。

川崎病の症状としては発熱、目の充血、唇・舌が荒れる、発疹、手足の腫れ・硬化、首のリンパ腫れなどが有ります。

大半は自然に治りますが、再発する確率は2〜3%だそうです。再発したばあい、成長するにしたがって心臓の障害が現れる可能性が高くなることがあるので定期検診は必要との事です。

伝染病では無いですが、兄弟で発症する事が多いので、もしかしたら遺伝的?などと言われており原因の究明を行っている最中です。

今年始めには理化学研究所が以下の様な発表を行っています。

川崎病の発症に関わる「ORAI1遺伝子の多型」を発見
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160121_1/

読んでも難しいので全て理解出来ませんが、ORAI1遺伝子のORAI1タンパク質が川崎病と関係している可能性が高く、今後の原因究明に役立つと言う内容です。

さて、そんな川崎病の研究に1億7000万円もの遺産を寄付した女性実業家がいたそうです。

その女性実業家は神奈川県の横須賀市で装飾品製造の会社を営んでおり、「1人暮らしで親戚との交流もない。自分が死んだら、全財産を最も有効な活用先に寄付したい」と弁護士に申し出て遺言の公正証書を作成し、特定非営利法人日本川崎病研究センターへ遺産1億7000万円を寄付したとなっています。

パナマ文書など租税回避地でコソコソ脱税紛いをしているエセ資産家もいれば、こういった本当に素晴らしい資産家もいらっしゃるのですよねぇ。明石家さんまさんとかも自分の子供達には生活出来る最低限度を遺して、残りは全部寄付と述べていますからねぇ。

しかも、この女性だけでなく、医師家族などから「子どもの病気に役立ててほしい」と1億円の遺贈がこれまで2回あったと書かれており、やっぱり素晴らしいですね。私は何が出来るだろうか・・・
タグ:川崎病 小児急性熱誠皮膚粘膜リンパ節症候群 寄付