小学校・中学校・高校でプログラミング教育必修化、大学での数学教育強化の詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

英語・英会話・学習塾

> 小学校・中学校・高校でプログラミング教育必修化、大学での数学教育強化

小学校・中学校・高校でプログラミング教育必修化、大学での数学教育強化

2020年度から小学校でプログラミング教育を必修化、2021年度からは中学校、2022年度からは高校でそれぞれプログラミング教育を必修化すると言う記事が有りました。

日本、2020年から小学校でプログラミングを必修化へ
http://news.livedoor.com/article/detail/11562360/

小学生などのプログラミング教室は知っていますが、必修化は聞いた事が無く、どこの情報かと思って調べたら産業競争力会議の配布資料に記載されている事項でした。

資料を読んで行くと確かに2020年度から小学校でのプログラミング教育必修化、中学校・高校でも同様に必修化すると記載されています。

大学・大学院などの高等教育では数学教育の強化も書かれています。

予定では有りますが、これはどうなのでしょう?

今現在でも英語教育の必修化を推進している途中ですが、あまり良い結果にはなっていません。それに増してプログラミング必修化となると余計問題が増えそうな感じ。

英語教育でもそうですが、教える側が知識や経験が少ない訳で、IT業界なんてそれこそ英語よりも進化スピードが速く、学校で習ったプログラミングが社会に出る時には廃れているなんて事も有りそうです。

しかも日本のIT業界は酷いと聞いており、優秀な日本人プログラマーは海外の企業へ行ってしまうとも聞いています。結局日本の為になっていない・・・

いや、優秀な日本人の技術者は多いが海外に行ってしまうこの傾向はIT業界だけでは無いのかも知れません。
タグ:小学校プログラミング必修化 中学校プログラミング必修化 高校プログラミング必修化 大学での数学教育強化