子供の学力を下げる親の習慣?学力も教養も大事にしようの詳細

子育て教育ブログ

子供の大学選びや主婦の再就職、英語・勉強など育児や教育情報、仕事と子育ての両立とワークライフバランス

人気記事

トップページ >

英語・英会話・学習塾

> 子供の学力を下げる親の習慣?学力も教養も大事にしよう

子供の学力を下げる親の習慣?学力も教養も大事にしよう

夫婦の不仲が原因に!? 子どもの「学力を下げる」親のNG行為2つ
http://wooris.jp/archives/116915

子供の学力を下げる親の習慣が紹介されています。

1:子どもに笑顔で接していない
2:両親の役割分担がはっきりしていない

この様になっていますが、どうでしょうか。

学力ねぇ・・・そもそも学力と教養は結びついているのだろうか?

ちょっと疑問だったので調べて見たのですが、まぁー結構皆さんも結論が出ていない難しい問題の様です。これは結構興味深いです。

学力がある方を教養が有るとは言いませんし、逆に教養が有る人を学力が高いとも言いません。そもそも教養って何だ?と言う疑問が出てくるのだが・・・納得できる答えが浮かんで来ない。

一応辞書では以下の通りとなっています。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/57158/m0u/

シンプルに捉えると、学問や知識・経験を通じて得られる精神的な成長や、社会生活における物事の理解力と言った感じでしょうか。

と言う事は学力は大事となりますね。

一般的な学力を付けた上での教養ですから、大学に教養学部が多いのも頷ける話だ。

学校を卒業し就職、社会人となった時にあの時もっと勉強しておけば良かったと思うのは教養が身に付いてきていると考えて良いかな。

そして学生時代よりも、社会人となってからの方が学問に関する理解力が高まっているのも実感出来ますので、やはり教養が高まって来ていると思われる。
タグ:学力と教養 親の習慣 子どもの学力を下げる